2012年 06月 30日
感想_少年は残酷な弓を射る
b0130850_15262682.gifすんげーコワ面白い! 『少年は残酷な弓を射る』6月30日公開。朽ち果てた一軒家にひとり住むエヴァ。彼女の家は、赤いペンキがぶちまけられていた。それは、彼女の息子が起こした事件のせい。エヴァの幸せな生活を破壊したのは、彼女が生んだ子供、ケヴィンだった。
映画『少年は残酷な弓を射る』公式サイト|主演:ティルダ・スウィントン

恐ろしい、恐ろしい、恐ろしい、だけど、超然面白い! これはすごい作品だな〜。まさか邦題通り、少年が残酷な弓を射るとは思わなかったぜ。『エレファント』の空気感と悲劇炸裂感を、母子の関係に載せて描き出した衝撃の一作! 『人間・失格』みたいな理解を超えた恐怖、ホラーのように神経が張りつめる恐怖、全部合わさってこんなの初めてだわ〜。

時制をシャッフルしながら、幸せだったエヴァ、恐怖に蝕まれ始めるエヴァ、そしてすべてが崩壊した後のエヴァを描き分ける。この明らかに重大な何かが壊れてしまったことを知りながら、崩壊までのカウントダウンをたどるのが、恐ろしいけど目を逸らせないという確かな演出力。ティルダ・スウィントンの演技力もそうだし、ケヴィンを演じたエズラ・ミラーのルックス、表情、何もかもが完璧にフィットしていたな、この世界観の中に。

しかしこのテーマの深遠さよ。ケヴィンは果たして何を思っていたのか。何を恨み、どうしてこんな悲劇を引き起こしたのか。母と息子は分り合えぬものなのか。事件を防ぐ手だてはあったのか。ただのサスペンスとして終わらせるわけにもいかないような深遠さ。小説の『マザーズ』を読んだ後だったから、余計に親子の関係性みたいなところについてまで考えてしまったよ。

いやほんとマジでヤバイ。音楽、映像、キャスト、演出、非の打ち所のない脅威の作品! 上半期最大のサプライズ!!
[PR]

by april_cinema | 2012-06-30 00:00 | MVP | Comments(0)


<< 感想_ユナイテッド -ミュンヘ...      感想_それでも、愛してる >>