2012年 12月 31日
2012 Most Valuable Cinema 10
ほんと今年は忙しくて映画が全然見られなかった! なので本当にこれ観なきゃ死ねないベスト10だ!とは自信もって言えなかったりもするんだけど、でも気にせずやるよオレにとって価値のあった愛すべき映画たち一気見せ! 今年でこの企画も7年目です〜。
【鑑賞数:157本(昨対△37)うち外国映画122作品(昨対△30)、日本映画35作品(昨対△7)】
淋しい数字だ…。進退を考えるプロ野球選手の気分だ。

#10_宇宙兄弟
原作の面白さを知らずに鑑賞してその壮大な世界にノックアウト! どんなSFよりも壮大で美しい夢を描いた"スペーストラベラーズムービー"! 小栗旬を始めて好きだと思ったのも歴史的瞬間だわ。

#9_ソウル・サーファー
人生に障害はつきものだけど、常人には耐えられそうにないとんでもない逆境を乗り越えるベサニーを師匠と呼びたい! この"どんな荒波も乗りこなシネマ"を前にしては簡単に弱音吐けなくなるレベル。

#8_ウェイバック-脱出6500km-
東京砂漠なんてこの映画の前じゃお笑いぐさ。ホロコースト時代の話だけど、たどりついたのがチベットというところに現代との奇妙な符合つーか因果つーか、魂の救済はやっぱりそこにあるのかしらなんて。とにかく、"THIS IS サバイブ"。勇者たちの物語です。

#7_その夜の侍
人間は孤独だ。だから苦しいし、哀しい。でも、人は思いもよらないところで救われるんだと、おぼろげながら信じたくなる物語。"侍を名乗れるのは哀しみと苦しみと向き合った人だけ"なんだろう。

#6_プレイ—獲物—
まったく予想もしなかった今年最大の"映画版ジャイアントキリング!" 緻密なプロットと畳み掛ける演出で徹頭徹尾度肝抜かれまくり! 予想もしないところからやってくる傑作映画があるもんだから、映画はやめられない!

#5_少年は残酷な弓を射る
基本的に教訓のある映画が好きなんだけど、これは例外。ただひたすらに恐ろしいだけ。だけど、でも、その映画力に圧倒的に掴まれた。"少年に残酷な弓で射抜かれた"としか言いようありませぬ。

#4_ミッドナイト・イン・パリ
今を生きろbyウディ・アレン。所詮は無い物ねだりで、から騒ぎな世の中で、自分に正直にやることやるしかないんだよ。"嘘も幻想も必要ない。ただ恋し続ければいいじゃないか"ってことですよね?

#3_霧島、部活やめるってよ
観た人が半ば強制的に引き戻される青春ヒエラルキー。はい、"青春 of the year 2012"で間違いありません。持つか持たざるか、で論じるならば、誰もが持っているこそが答えだろう。ギークにもニートにも戦えるチカラはきっとある。

#2_星の旅人たち
旅に意味や理由なんて本当はなくて、きっと誰もが旅の途中にいるというだけ。肩代わりした巡礼の旅は、何を告げるわけでもなかったけれど、それでも私たちを癒し、救い、赦してくれた。いつか僕も巡礼の道を歩こう。これこそが、"真のロードムービー"だ。

#1_ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
反則技かもしれないよ、9.11を持ち出すのは。だけどこれは、僕たちを未来へと誘う"いとへんの映画"。縁を結び、絆を紡ぎ、バラバラになった世界を見えない糸で繋ぎ止めてくれたと本気で思う。3.11を経て、大切なものを一瞬で失ってしまった人がたくさんいる中で、それでも前を向かせてくれる、"ものすごく温かくて、ありえないほど勇気づけてくれる"1本でした。もちろん2回観たお。

b0130850_133762.gifトップ5はけっこう不動だったんだけど、それ以外はかなり迷ったわ。2013年のオスカーを賑わせてる『アルゴ』も入れたかったし、『最強のふたり』とか『SHAME』なんてのもベスト10タイって感じなんだよなー。でも、心に残ったものの多さで10作品に絞らせていただきました! すでに2013年のベスト10入りしそうな映画もちらほら出てきててるし、来年もたくさん映画に感動をもらうぞー!

2011年→2011 Most Valuable Cinema 10
2010年→2010 Most Valuable Cinema 10
2009年→2009 Most Valuable Cinema 10
2008年→2008 Most Valuable Cinema 10
2007年→2007 Most Valuable Cinema 10
2006年→2006 TOP10 CINEMA
[PR]

by april_cinema | 2012-12-31 00:00 | Standings


<< 感想_96時間 リベンジ      感想_たまたま >>