2014年 12月 31日
2014 Most Valuable Cinema 10
【鑑賞数:102本(昨対△16)うち外国映画89作品(昨対△17)、日本映画13作品(昨対+1)】
相変わらず、満足に映画を見ることができない環境が不甲斐なく情けなくはあるけれど、それでも本当に本当に映画が好きです。ということで、僕の心を強く打った10本を、今年もここに記しておきたいと思います。

#10_誰よりも狙われた男
フィリップ・シーモア・ホフマンの死はあまりにも衝撃的なニュース。この作品も素晴らしかったし、もっともっといろんな作品を見たかった。本当に悲しい。"PSHに、最大級の敬意を捧げます"。

#9_グランド・ブダペスト・ホテルher 世界でひとつの彼女
もちろんまったく別の作品なのですが、同時期公開で同列に紹介されることが多かったこの愛すべきファンタジー2本をセットにさせてください。片や古き良きヨーロッパを舞台に究極の箱庭で反戦と平和への思いを見せてくれたウェス。近未来のコンピュータ社会を舞台にしながら人のぬくもりと、恋の悲喜こもごもを描いたスパイク("恋愛 of the yera")。"この世界はファンタジーじゃないけど、ファンタジックなこの世界が愛しくて"。

#8_インターステラー
"すべてを超越した五次元宇宙!"に、知恵熱出まくりの強烈なノーランワールド。いつもそうだけど、1度見ただけじゃ理解不能! 早くまた観たい!!

#7_RUSH プライドと友情
天才と英雄、2人の実在のレーサーのドラマに感服したわ。迫力のレースシーンもさることながら、2人の関係を同列に描いてくれたことに深く感動。"勝敗を超えた真の誇りがそこにある"!

#6_ゴーン・ガール
"スーパーしたたかクレイジーガールのアンビリーバブルストーリー"! でありながら、夫婦の理想と役割について思いを馳せずにはいられない。よくできたブラックユーモアとエンタメなサスペンスに脱帽です。

#5_あなたを抱きしめる日まで
なんといっても"史上最高齢チャーミング"でしょう! 明るくポジティブで慈悲深いフィロミナ、でもその人生にはあまりにも深い影。歴史の暗部に切り込みながら、決して希望を忘れないストーリーと彼女の心に釘付けになりました。名言「成功の道で出会う人は大切にしなさい。必ず下り坂のときに再会するから」を僕は忘れませんよ。

#4_アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜
無敵のリチャード・カーティス、この作品も大好きな一本に。インターステラーのSFレベルを100としたら、3くらいの安っぽさだけど、"そのタイムトラベルが語る瞬間という名の奇跡"はすべての人の胸をとらえるはず。"家族 of the year"でもあります。

#3_プリズナーズ
今年の"ナンバーワン狂気&サスペンス"はこれ。長尺だけどそれを感じさせない緻密な構成と、感情に迫る描写が抜群! ドゥニ・ビルヌーヴ、この名前は覚えておかねば!!

#2_6歳の僕が大人になるまで。
来年のアカデミー賞大本命と噂されるこの1本は、"時間という魔法を閉じ込めた無限に匹敵する3時間"。淡々と描かれるひとりの少年の日々は、最後のセリフで、普遍へと変わる。彼の身に起きたすべての瞬間が、彼を作り上げているということ。すなわちあらゆるすべての瞬間が、あらゆるすべての人の人生を作っていること。オールタイムベストにも入る傑作。もちろん"青春 of the year"。

#1_ダラス・バイヤーズクラブ
でも、どうしても1位に推したいのはコレ。正義や美談という枠を超えた、生きることへの純粋な渇望がどうにもたまらなくって、"僕もクラブに熱烈入会希望!"。人間はそんなに美しいもんじゃない。でも、その不細工さがどうしようもなく格好良く見えるときがあるよね。

げ、邦画が1本も入ってないけど『紙の月』はベスト10に入れたいレベルで好きでしたし、『僕たちの家族』『WOOD JOB!』あたりもお気に入り〜。いやいや今年のベスト10も長く心に残りそうな名作ばかりで嬉しいな。全部見直したいなー。来年も、素晴らしい映画に巡り会えますように。引き続きどうぞよろしくお願いします!

b0130850_21515229.jpg2013年→2013 Most Valuable Cinema 10
2012年→2012 Most Valuable Cinema 10
2011年→2011 Most Valuable Cinema 10
2010年→2010 Most Valuable Cinema 10
2009年→2009 Most Valuable Cinema 10
2008年→2008 Most Valuable Cinema 10
2007年→2007 Most Valuable Cinema 10
2006年→2006 TOP10 CINEMA
[PR]

by april_cinema | 2014-12-31 00:00 | Standings


<< 感想_キャプテン・アメリカ ウ...      感想_みんなのアムステルダム国... >>