2015年 12月 31日
2015 Most Valuable Cinema 10
【2015年公開作品鑑賞数:81本(昨対△21)うち外国映画62作品(昨対△27)、日本映画19作品(昨対+6)】
今年も最後に1年間を振り返り。下半期、環境が大きく変わって新作鑑賞が激減。来年はさらに減ってしまうこと確実だけど、改めて映画って楽しいなという気持ちを噛み締める今日この頃です。てことで今年の僕の大好きな10作品を。

#10_彼は秘密の女ともだち
多様性について激しく考えたコミカル作品。俺があいつで、あいつが彼女で、彼女の彼は何者?ってな具合で、人間の本当の本性ってどこにあるかわからないし、それをあらわにする秘密のスイッチっていつ現れるかわからないよねー。"誰もが自分も知らない自分を持っている"ってことね。

#9_バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
映画力高すぎてついていけないほどの"スーパーアンチヒーロー映画"。2回見てもなんと感想を言っていいかいまだにわかりません。でも衝撃は確かにあった、映画好きとして押さえておかなきゃいけない1本。

#8_わたしに会うまでの1600km
映画で学ぶ、"1000マイルの道も1歩から"。過去を乗り越えるのも、長い道を歩ききるのも、引き受けるのは全て自分。その先に、未来が待っている。

#7_おみおくりの作法
誠実さこそが最大の美徳と教わった"座右の銘画2015"。地味で静かな作品だけど、埋もれさせてはならない傑作。その人生は、必ず誰かが見ていてくれる。

#6_キングスマン
今年一番のキレッキレ! クールなルックス&ミュージック&アクションで終始釘付けの、"ポスト・キックアス!"で決まり!

#5_きっと、星のせいじゃない。
若き難病カップルにすっかり泣かされた1本。でも誤解することなかれ、お涙頂戴泣かせの映画じゃないのです。「小さな無限」の一言に集約された、命の価値は長さではないということ。"恋愛&青春 of the year 2015"のダブル獲り!

#4_恋人たち
今年のベスト邦画はこれ以外ありえませんと。普通に生きる人たちの、思うにならない袋小路を描きながらも、それでもその世界は美しいと背中を押してくれる神業シネマ。見終わって思ったのは、"頑張って生きよう"ってことでした。

#3_イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
ここ10年で最高レベルのミステリー。暗号解きもさることながら、本当の意味で解き明かせない"最大のミステリーは人間の心"。カンバーバッチ、本当にいいわ〜。

#2_セッション
緊張感フルマックスの怒涛のリズム映画。最後の「I que you」にはシビれまくった、ダントツの"今年のベストシークエンス"。謎の論争もありましたが、エンタメとしてかなりレベル高かったんじゃないかと僕は思いますよ。

#1_はじまりのうた
思い出すだけで嬉しい気持ちがこみ上げる、"世界遺産レベルの音楽の奇跡"。年齢も性別も人種も国境も乗り越えてつながる音楽のチカラ。普遍の価値を改めてこう言う形で見せてくれてありがとう。そしてその背景のニューヨークの輝きは助演賞を捧げたいレベル。数多あるニューヨーク舞台映画の系譜に名を刻んだ1本でしょう!

番外編
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
クリード チャンプを継ぐ男
この冬を盛り上げた祭り二つは功労賞だね。それぞれの過去6作をイッキ見して臨んだ最新作、どちらも良さが詰まってて楽しかった〜。1970年代に始まった物語が40年の時を超えて今僕を楽しませてくれるということ。長く続き、受け継がれるものの意味。単体では語れない大きなチカラ。これこそがフォースなのかもな〜。

年末公開の『ストレイト・アウタ・コンプトン』を見られてないのが心残りだけど、でも十分にいい映画に会えた1年でした。来年の映画ライフがどうなるかわかんないけど、楽しんでいきたいと思います。引き続きよろしくお願いします。

b0130850_14171157.jpg2014年→2014 Most Valuable Cinema 10
2013年→2013 Most Valuable Cinema 10
2012年→2012 Most Valuable Cinema 10
2011年→2011 Most Valuable Cinema 10
2010年→2010 Most Valuable Cinema 10
2009年→2009 Most Valuable Cinema 10
2008年→2008 Most Valuable Cinema 10
2007年→2007 Most Valuable Cinema 10
2006年→2006 TOP10 CINEMA
[PR]

by april_cinema | 2015-12-31 00:00 | Standings


     感想_くちびるに歌を >>