2015年 11月 09日
感想_スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
b0130850_2145951.jpgなんかよく分からない展開! 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』iTunesレンタル鑑賞。遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。デス・スターを破壊したものの、帝国軍の反撃に苦しめられていた反乱軍。ルークは、オビ=ワンの幻影の指示により惑星ダコバへ到着。そこでヨーダの元、ジェダイになるべく訓練を行う。その頃、ハン・ソロやレイアは、旧知のランドの裏切りにより帝国軍に襲われ窮地に。ルークは修行もおわらにうちに彼らを救うべく飛び出して…・・。

旧3部作の真ん中、なんだかエピソードがやたらと細切れに展開していく気がしてニントモカントモ。まず冒頭のシーン、ルークは不用意に怪物にやられて死亡寸前。でもフォースの力で助かったけど、その力っていつの間にマスターしたんだっけ? ソロのおかげで助かったとはいえ、ヒーローらしからぬ行動とピンチ。頼りないぜ…! 後からウィキ読んだところ、撮影前にルークの人が顔に怪我しちゃったから無理矢理シーン追加して整合性とったとか…。ま、それも笑い話か。

ヨーダと会ってからも、いまいちどんな修行してるのかよくわからず、苦労も伝わらないままあれよあれよで能力はレベルアップしている風。でもそれを捨てて飛び出しちゃうルーク。少なくとも、メンタルは成長してないって言えると思いますこの時点で。そして相変わらずフォースの力には何の説明もない。あえてだろうけど。

で、なんか大した盛り上がりもないままに、まさかのベイダーとの対面。手も足も出ないのに、ベイダーの味方になることは拒み、一丁前に脱出。ベイダーの親心がみすみすルークを逃したってことなんだろうけど、ルークの成長が全く語られないのなんなんだろう。旧作ってことで心静かに見てるけど、今劇場公開してたらボロカス叩かれそうだな。それも含めてレトロ感を味わうべきなんだろうな。大体ダースベイダーの強さもさっぱり描かれてないから、どのくらいの敵なのか見当もつかないぜよ。てか、ルークの父親だったことには驚いたけど!(その設定知らなかったです)

3部作の真ん中にありがちな中だるみというか、どこにも辿り着かない感。でも最後のハン・ソロ冷凍保存されちゃうのこわー! しかも宇宙に放り出されちゃうのなー!
[PR]

by april_cinema | 2015-11-09 00:00 | Starter


<< 感想_スター・ウォーズ エピソ...      感想_スター・ウォーズ エピソ... >>