2015年 12月 24日
感想_スター・ウォーズ/フォースの覚醒
b0130850_10454555.jpgIMAXスゲ! 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』12月18日公開。エンドアの戦いから30年後。帝国軍の残党はファーストオーダーという組織を作り再び銀河の平和を脅かしていた。レイアはレジスタンスを結成し、姿を消したルークを捜索。鍵となる地図を狙われたレジスタンスは、それをドロイドのBB8に隠すが拘束されてしまう。地図を持ったBB8は、砂漠の星ジャクーで、レイという女性と出会う。それが新たな運命を切り開くことになるのだった。
スター・ウォーズ/フォースの覚醒|映画|スター・ウォーズ|STAR WARS|

ついに始まりましたスターウォーズ祭り! 1週間遅れで見てきました。豊洲の4DX狙ったけど完売しまくってたので諦めて木場のアイマックス3Dで! さすが、すげー迫力だったわ〜。

内容は、うん、スターウォーズだよね! 普通にスケール大きなアクションて感じで、結局のところ僕の好みの映画ではない、ということは改めて確認できました。でも次から次へと見せ場の連続だったし、オープニングからこれまでのシリーズをちゃんと踏襲してるのもよくわかった。託した地図、嫌な予感がするぜ、そしてmay the force be with U、ってね。

ところでレイが一体何者なのかは明かされず、大ラスでルークと再会ってことで、ここに血縁があるのかないのか。カイロ・レンはダークサイドに堕ちたけど光の誘惑なんてものもあるのか、ってのは驚き。この世界は全て振り子みたいなものなんだね。ハン・ソロはこれにてお役御免なのかしら。フィンはどんな立ち位置になっていくのか。今後のシリーズも楽しみでごわす。

そういえばダニエル・クレイグがカメオってたりするのも祭りっぷりを表すエピソード。周りとスターウォーズ話ししたら、やたらとチューバッカで盛り上がったりして、あーこういうのがスターウォーズのスターウォーズたる所以なんだなって思いました。映画的なストーリーがどうのってのはないけれど、いろんなキャラが共存して、親子関係があって、そして今世代を超えて同じ話ができる映画ってものすごく貴重な存在。このタイミングでこの祭りに乗っかってよかったなって心から思ったよ。そういう意味でのマスターピースだわ。

平日の木場にも、コスプレ鑑賞するジェダイが何人かいました。いや、本当に、すごい祭りだ。俺も覚醒せねば!
[PR]

by april_cinema | 2015-12-24 00:00 | All-Star


<< 感想_クリード チャンプを継ぐ男      感想_ロッキー・ザ・ファイナル >>