カテゴリ:6th-man( 277 )

2015年 12月 17日
感想_ロッキー4/炎の友情
b0130850_200288.jpg友情あんま出てこねぇ。『ロッキー4/炎の友情』iTunesレンタル鑑賞。チャンピオンに返り咲き満ち足りた暮らしを送っていたロッキー。そこに飛び込んできたのは、ソ連の最強ボクサー、ドラゴがアメリカにやってきて、ロッキーとの対戦を希望しているという知らせ。それに反応したのはアポロ。引退から5年、彼の中にくすぶっていた闘志に火がついたのだった。かくしてエキシビジョンマッチが組まれることになったが、力の差は歴然。アポロは滅多打ちにされ、それでもタオルを投げるなと言い残し、最期までファイターであることを選ぶのだった。悲しみに暮れたロッキーはドラゴとの対戦を了承。ソ連へと乗り込んでいくことに。

こういうもんだともうわかっているのに、それでも驚くほどにストーリーがなかったわ。ドラゴ登場、アポロ死亡、ロッキー練習、試合に勝つ、以上。ここまでそぎ落とすのすごいし、90分という短い尺とはいえよく間をもたせたわな。いや、間がもっていたとは言い難いか。ドラゴvsアポロはやったらと派手に演出され、ジェームス・ブラウンが登場して前座で歌うという大サービス。それはいいけど、長すぎるっつーの。おまけにアポロはすっかりおちゃらけた無謀なおじさんになってしまい、格好悪すぎる散り方でファンとしては残念だったな。「ファイターとしての本能は変えられない」っていうセリフは格好良かったのだけれど。なんかアポロロスだな〜。

そしてロッキーの練習は再び1、2作目に逆戻りしてほぼ体力作りのみ。それをロシアのど田舎の雪深い中でやっただけ。なぜかドラゴの管理された科学的トレーニングと対比させて、雪原ランニング、薪割り筋トレ、ソリ引きダッシュ、などなど過剰なまでのアナログ仕様。こういうところも本当にマンガだわー。どちらかというとこのアナログさは、シリーズ最初の方でやるべきものなのに、まさかの4作目でこれね。で、いざ本戦の方は、あそこまで打たれながらもなぜかロッキーは持ちこたえ、一発の反撃で逆転勝ちしてしまういつもながら不可解な勝ち方。ロッキーの強さってなんなんだー! 体力馬鹿ってこと? まあスタローンの体はさらに強化されてたので一応説得力あるということになるのかもしんないけど。

締めは、「誰もが変わることができる」というメッセージにして、冷戦時代集結への目配せも盛り込んでました(公開は1985年)。そしてエイドリアンの名を呼ぶ代わりに息子へのアイラブユーでフィニッシュ。『クリード』はこの辺りの様式美をどうしてくるんだろうね。てか、オープニングはまたも前作のラストシーンからでした。5もそうなんでしょうね。

ちなみに、この作品はラジー賞5冠に輝いているそう。あと、スタローンとドラゴの嫁が仲良くなって結婚して次の年離婚したというトリビアをウィキで知りました。
[PR]

by april_cinema | 2015-12-17 00:00 | 6th-man
2015年 12月 09日
感想_ロッキー2
b0130850_1951069.jpgこれまたワンパターン! 『ロッキー2』iTunesレンタル鑑賞。チャンピオンと互角の戦いを演じ、一躍時の人となったロッキー。CM出演などの仕事も舞い込むが、不器用な彼は全然上手くこなせない。その頃、アポロは世間からの「お前が負けていた」という声を黙らせるために、ロッキーとの再戦を仕組む。隠して二人は再びリングで相まみえることに。

まさか冒頭が前作のクライマックスをもう一回流すとはね。そして、前作同様のストーリーライン。前半1時間はロッキー周りのどうでもいい話がだらだらと続き、後半でようやくボクシングする話になって、前作と同じトレーニングモードに入り、ラスト30分でようやくゲーム。そして試合展開もほぼ一緒の序盤はチャンプにやられまくって、でも粘って、そのうち形勢逆転で最後、またもワンパンチで沈めて今度は勝利という。

ただ、2回目だからなのか映像的な盛り上がりはこっちの方があったかな。トレーニングは前作同様に走って筋トレしてジムで練習してって感じ(スパーリングとか全然しないよね。試合を盛り上げるため?)。今回のランニングはフィラデルフィア中の子供達が集まってきて、フィニッシュはまたも美術館前というセルフオマージュ。そして試合シーンは前作よりも時間かけてて、迫力で多少上回ってましたね。とはいえ、アポロがあんだけラッシュを浴びせてるのに、なぜロッキーは倒れないのか不思議。絶対前作より練習量少なかったと思うんですけど。

続編が、1作目を超える難しさをそのまま感じさせる2でした。
[PR]

by april_cinema | 2015-12-09 00:00 | 6th-man
2015年 10月 24日
感想_ギャラクシー街道
b0130850_0531692.jpgげ、全然面白くなかった…。『ギャラクシー街道』10月24日公開。西暦2265年、木星と土星の間のスペースコロニーへと通じるルート246666、通称ギャラクシー街道。かつては大勢の宇宙人が行き交ったが、スペースエクスプレス開通後の今はすっかりさびれ人影もまばら。そんな街道ぞいのハンバーガーショップを営むノアとノエ夫妻。街道閉鎖の噂も流れる中、ふたりの店の行方はいったい!?
映画『ギャラクシー街道』公式サイト

三谷さんの新作、押さえておかねばなるまいとお邪魔しましたが、どうしよう、全然面白くなかった…。まず、基本的にギャグが笑えなかった。宇宙設定を生かそうと、へんてこな宇宙人がたくさん出てはくるんだけど、なんかそれが宇宙人というか、ただの気持ち悪い人たちっていう感じだったんだよね。そのうえ、どれも既視感があるというか、意外性に欠けた感じかな。狙っている感はあって当然だけど、三谷さんに対するハードルを上げてしまっているのかもしれない。前作の『清須会議』でもそう思ったし。

そしてキャストが地味。いつになく地味だった気がする。主演こそ慎吾&綾瀬だけど、その他、実力者ではあるけど、『有頂天ホテル』以降のキャスティングからすると、二段くらい落ちる気がする。なんだろう、ご時世的に予算の問題か、宇宙人コスプレが嫌がられたのか。スターパワーが足りなかったので、全体的に地味になった印象も。あとストーリーがなさすぎる。話がどこにも向かってないからダラダラ続くコントみたいだったかな。

ストーリーとも連動すると思うけど、せっかく宇宙が舞台なのに、ハンバーガーショップの中から出ていかないので、全然広がりがない。結局、変な宇宙人たちのどうでもいい話でしかなかった。宇宙らしい新しいマシンやテクノロジーとか、不思議なこととか、ほとんどなかったもんな。特撮時代みたいなレベルの宇宙で、あえてそこは追求せずに80年代路線にしたんだろうけど、それが効いてるとは思わなかったわ。てかこれなら地球でもできた話な気がする。もっと宇宙すげー感ほしかったわ。2265年なのに、キーボードたたくんだとか、ケータイがでかいとか、ブレーカーおちるとか、ちょっとね。

結局笑ったのは、梶原さんの抜け殻と、エンケンさんの子供だけ。でもどっちも、既成ネタだよね。そしてよかったシーンは、最後の最後、綾瀬はるかの改装の夢を語るシーンと、サンバを披露したところだけ。あれは可愛かった! TMR西川の謎の歌唱で締めくくってたけど、いっそミュージカルにしたほうがよかったのではと思ったわ。てかあれですかね、小林聡美さんと離婚してこれということは、実は小林さんが今まで書いてたんじゃないかと思っちゃうね。

いろいろ言ってすみません。でも率直にそう思いました。次回作に期待します!

<2015年11月21日追記>
もしかしてこれ、三谷さん的『スターウォーズ』をやりたかったのでは? 宇宙人の造形とか、設定が特にオープンにならないところとか、全体的なレトロ感とか。そう思うとやってることは『スター・ウォーズ』とあんま変わんない気がするけど、それを許してくれるほど寛容な時代はもう終わってた…。
[PR]

by april_cinema | 2015-10-24 00:00 | 6th-man
2015年 09月 19日
感想_進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド
b0130850_22131180.jpgよくわかんねー。『進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド』9月19日公開。突如巨人化し、人類の窮地を救ったエレンは拘束され軍法会議にかけられる。指揮官は、エレンを敵視し、抹殺しようとするが、そのとき突如鎧の巨人が現れ、エレンを救出する。目を覚ましたエレンは、そこにいたシキシマから、この世界の成り立ちを聞き…。
映画『進撃の巨人』公式サイト

とにかく前編にも増して勢いよく酷評されているようですが、でも前編見た以上後編見ないと、前編だけ見てるほうが損じゃん!という貧乏性と、あまりに酷評されてるとそこまで悪くないよ!って言いたくて見に行きました。平日の夜、やはりこういう作品の客層は、こういう作品の感じでした。

とりあえず話の薄さにまずはマイッタかな。前編も薄かったし、1本で足りるものを制作費回収のために2本に分けているのだろうとはわかっていたけど、それにしても薄かった。90分かけて謎はロクに解かず、戦闘もちょろちょろっと2〜3回で終わりだもんね。間にドラマがあるわけでもなく。そして、結局原作もまだまだ謎が多い話なところをちょこっとイジって映画にしたところで、よくわからないものは、よくわからないままだったわ。むしろ、説明も足りない分、もっとよくわからなかったよ、という感じ。エレンが何したいのかも、ミカサが何したいのかも、いろいろワケわからず、シキシマも指揮官もなんだかなぁ。仲間の怪力で自爆塔ぶっ壊しとかも意味あったんだろうか。。

そしてバトル。巨人対巨人というだけで、やってることは人間とまったく同レベルのケンカという、見どころのなさにびっくりし、しかも人間時代はまるで相手にならなかったのがなぜか普通に勝ってしまう不思議さ。最後の超大型巨人とのバトルになると、エレンひとり握り潰せないってどういうことやねん! と、それぞれの強さのアンバランスさに困惑を隠せず。これはさすがに工夫がなさすぎてつまらんわ。お前ら、普通の巨人にも四苦八苦してたはずじゃんかよー。あと、一度気を失ったエレンの目の覚まし方よくわからんし、人間に戻って体力ゼロのままラスボスに挑むの無謀すぎるーーー!

エレンは絶叫し続けるだけだし、エレンとシキシマ兄弟フラグも特に回収されることはないし、壁の外は都合よく海で、彼らはなに、ふたりだけでこの世界からオサラバしちゃうってこと? 仲間を置いてっちゃまずいでしょうよ。エンドロール後の余計なあれは、脚本の町山さんがアメコミの真似でもしちゃったんですかね。微妙すぎましたわ。いちばん面白かったのは、エレンの塔ちゃんを草彅くんが演じてたことくらいでしょうか。

ということで、噂通り全然面白くありませんでした。でもね、そもそもこの映画に何も期待しないよね、初めっから。だから、特にがっかりとかもしなかったよ僕は。なんか今回、みんなが酷評してるからって、それに乗っかるように批判しまくるのはなんだか健全じゃない気がしたよ。いや確かに面白くはないんだけど、オリンピックエンブレムと同じ匂いを感じた気がしましたわ。てことで、このパート2は公開1ヶ月ちょいにして、急速に上映館が減っております。まあそれも当然だろうけれども。

中島哲也監督だったらどうなっていたんだろうなーと思う人はきっと多いでしょうね。

>>>前編の感想
[PR]

by april_cinema | 2015-09-19 00:00 | 6th-man
2015年 08月 08日
感想_さよなら、人類
b0130850_1121586.jpgシュールすぎね? 『さよなら、人類』8月8日公開。"おもしろグッズ"を売りあるく2人の冴えないサラリーマン。あるバレエ教室の先生と教え子。ロシアへと遠征に出る国王陛下と近衛兵。3つの死との出会いから始まり、いくつかのエピソードが不思議に折り重なるロイ・アンダーソン最新作。
映画「さよなら人類」オフィシャルサイト

ストーリーは説明できません。なぜなら、話の筋はないから。関連性や連続性はありつつも、基本ワンシチュエーション、ワンエピソードが39個連なる不思議な作品。哲学的で観念的なので、理解しようと思うとどこにも辿り着けないというか、完全に置いてけぼりにされると思う。おそらく、事前にしっかりこの映画の予備知識を入れておいたほうが楽しめるのではと思う。監督は何者なのか。どういう作品なのか。なんせオフィシャルサイトに「面白く観るための7つの事柄」なんて項目があるくらいだから。僕はそれをしなかったのでかなり取り残されました。

それでも強引に意味づけをしつつ、あとから公式サイトなんかを見ていくと、後付けながらなんとなくのメッセージは受け取れる。人間の残酷さと哀しみは、ずーっと繰り返されてきていて、それでもなんとか前を向いて生きているってこと。くっついたり、離れたりしながら。美しいものに憧れながら汚れた行為に手を染め、死からは逃れられず、奴隷行為も、動物実験も、やってきた僕たち人類のなんと愚かで、それでも愛おしいことよ。

ワンシーンごとにワンセット、固定カメラで撮るというスタイルが舞台っぽくて、あの人物があっちに顔を出したり、あのシーンとこのシーンがゆるやかに呼応してたりして、おもちゃみたいな楽しさはあるのかもしれない。キャラやストーリーではなく、ひとつひとつの絵を味わって、ちょっとその向こうを想像してみるのがコツかもしれません。かなり訓練が必要だと思うけどね。
[PR]

by april_cinema | 2015-08-08 00:00 | 6th-man
2015年 08月 01日
感想_進撃の巨人(前編)
b0130850_2315333.jpg気色ワルゥ! 『進撃の巨人』(前編)8月1日公開。100年前、突如巨人に襲われた世界は、3重の壁を築き、つかの間の平和を守っていた。しかし、超大型巨人が現れ、壁のひとつが突破され、多くのものを失う。2年後、残されたものたちは壁の修復と土地の奪回を目指して、作戦を決行するが…。
映画『進撃の巨人』公式サイト

この夏いちばんの話題作にして、もっとも酷評されまくっている本作。どれ僕もボロクソ言ってやるぞ〜というよこしまなモチベーションで行ったんだけど、まあ別にこんなもんだったんじゃない? とりあえず、思った以上に巨人がリアル路線で気持ち悪かったってこと。画面トーンもものすごく暗くて、ずーっとダウナーだったこと。原作の設定とかはあんまりちゃんと覚えてないし、物語もほとんど進んでないので、特に気になるところはなし。原作ファンだといろいろ見るに堪えないんだろうね。

どっちかというと、CGはすごく進化したなーと思うし、後半ようやく立体機動装置を駆るようになったときはなかなか迫力あるじゃないかとも思ったよ。でもそのアクションにドラマがないので、単発でしかないけれども。あとは、とにかく薄暗い、みんな汚れてるので、よく見えないわ。この作品の世界観て絶望的な状況だけど、なのにどこか飄々としてるのが持ち味なんだから、普通にばんばん青空でキレイな画で見たかったんだけれども。

まあでもあらためて50m級巨人の恐怖は感じたわ。やっぱ漫画世界は漫画と切り離して見ちゃってるんだな。特になんとも思ってなかったけどものすごく気持ち悪かったもん。でもあんなに執拗に捕食シーンばっかり流さなくてもいいんじゃないかしら。予算上の都合であんまりシーン作れないからとりあえず似たようなシーンばっかり続けてた気もするし、さらに内容薄いのに2部作にすることで1本で終わらすよりも興収稼ごうって意図を感じましたよ。噂になってた、声出しちゃダメだっていうのにペチャクチャやってるところと、いきなり発情しだすシーンは確かにオイオイって感じでしたね。まあそういう緻密さ期待してないからそれも軽いギャグとして流せちゃったけど。

意外だったのは、変わり者ハンジに扮した石原さとみがけっこう良かったこと。桜庭ななみちゃんも可愛かったかなー。ということで、誰にもおすすめしないけど、一応後編も見るつもりです。

>>>後編の感想
[PR]

by april_cinema | 2015-08-01 00:00 | 6th-man
2015年 07月 25日
感想_人生スイッチ
b0130850_239226.jpgブラックでどん引いた。『人生スイッチ』7月25日公開。ペドロ・アルモドバル製作、アルゼンチンで大ヒット、アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの話題作は、思いもよらない展開と結末が待つ6つの話のオムニバス。とある飛行機の中の会話。郊外のレストランでの1幕。田舎の1本道でのいざこざ。駐禁レッカーの悲哀。息子の事件もみ消しドタバタ。そして結婚披露宴で露わになる男女の性。このオチ、予想できるか!?
映画『人生スイッチ』公式サイト - 7月25日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマライズ 他 全国順次ロードショー

なんか話題だし評判もよさそうで気になってたのですが、あけてみたら超ブラックコメディだったわ。。長短はばらばらの短編の中で、うわー、あいたたたー、ってなる展開ばっかり。人間の業の深さといえばそうとも言えるし、なにが不幸を呼ぶかわからないといえばそれもそうだし、でも教訓があるっつーよりはホラーだったな〜。最初のエピソードとか軽く笑いながら見てたら、あまりにもひどいオチで(あの事件を思い出させすぎるよ)、閉口して引いちゃってもう戻ってこれずじまいでしたわ。

レストランのやつもウソでしょーって感じだったし、田舎道の1対1もちょっと笑えたけど終わりは引いたわ。レッカーのは皮肉が効いてたとは思うけど、とはいえ後味はよくないしね。最後の結婚式のはまあ皮肉がききつつも、ちょっとだけ後味いいような気がすると見せかけるけどここまでのノリがダメすぎてやっぱりノれず。

なんか、とんでもないところで終わらせておいて、実は最後の最後ですべてのエピソードにさらなるどんでん返しが待ってるのかなって思ってたら、なかったわ、そんな甘っちょろい救い! この映画がヒットする国っていったい…と、なんだか仄暗い気持ちになりました。

コメディはコメディでも、真っ黒コメディです。そのつもりでのご鑑賞を。
[PR]

by april_cinema | 2015-07-25 00:00 | 6th-man
2015年 07月 10日
感想_踊るアイラブユー♪
b0130850_22561769.jpg歌だけだね。。『踊るアイラブユー♪』7月10日公開。3年ぶりにイタリアのプーリア州へとやってきたテイラー。一足早くやってきていた姉マディと合流すると、なんと結婚式をあげるというじゃない。紹介された彼は、まさかまさか、3年前にテイラーが恋したラフその人だった。テイラーはラフとの関係を隠してマディを祝福するが、心中穏やかではなく、ラフもまた断ち切ったはずの思いが再燃。どうなっちゃうのこの三角関係!?
映画『踊るアイラブユー♪』公式サイト

ミュージカル映画で、80年代ヒットソングの目白押しってことだけ、ですかね。3秒でストーリーの全容がほぼわかって、あとはその通りに歌って踊るのみ。ちょっと見所に乏しかったかなぁ。有名曲ばかりなので、鼻歌のひとつも出るには出るけど、あとは特になんもないんだよな〜。

主人公ちゃんも、それほどかわいくないし、お姉さんはまあまあ好みだったかな〜。ラフ君もイケメンだったかな。なんかハング・オーバーっぽい展開もあったけどそれも特に盛り上がらないし、マディの元彼もキモいだけだったしな〜。

すみません、これ以上はなにも出てこず。あ、プーリアは素敵な街っぽかったです。イタリアまた行きたい!
[PR]

by april_cinema | 2015-07-10 00:00 | 6th-man
2015年 06月 27日
感想_天の茶助
b0130850_13465370.gifどたばたコメディ。『天の茶助』6月27日公開。すべての人間の運命は、天界の脚本家によって描かれている。あるとき、茶助のひとことで、人間界の美少女ユリが命を落とすことに。ユリに密かに惹かれていた茶助は、彼女を助けるため下界に降りる。天界で作られたシナリオを変えるべく茶助の冒険が始まる!
映画「天の茶助」公式サイト

沖縄が舞台の、スラップスティックといっていいのかな、なんともドタバタコメディ。天使さまこと茶助な松ケンが走ってゲロはいて血を流してがんばってましたー! 定められたシナリオに抗う主人公という設定は今までにもあった気がするけど、天使とヤクザ、リアルとファンタジーを織り交ぜて、沖縄を舞台にしたというチャンプルーさが楽しいといえば楽しい。

松ケン見るのなんか久しぶりだったけど、相変わらず何やっても上手だよねー。ヒロインは大野いとちゃん。ホリプロバーターですかね、って感じだけど少し大人のお顔になられてまして。伊勢谷くんはボクサー崩れという、明日のジョー活かしのキャスティングで、大杉さんがダメおじさん、寺島さんが安定のヤクザと、まあ適材適所なキャスティングです。極め付けは玉城ティナが超絶かわいすぎね。土佐弁とか萌えすぎるだろうと。これのためだけに観てもいいかもしれないかわいさです。いや本当にかわいいよ。

てことで、シナリオはもうなんかヒッチャカメッチャカなので、あんまりついていけませんでした。結局なにがなんだかわからないけど、定められた運命を変えるのは強い思いなんだ、という着地で、その通りだよね、と。僕も、すべての物事は運命によって決定されていると思っているのですが、だけどそれを証明する方法はないから、自分自身最善と思う方へと向かっていくのみなのです。右手を出したいから出す。食べたいものを食べる。決定された運命だとしても、それは本当は自分の意思じゃないとしても、そんなのは別にどうだっていいのだ。僕が生きたい方に生きるのみ。それでいいじゃない。

思ったより沖縄ロケーションが前に出てなかったのはちょっと残念かも。まあ気楽に楽しむエンタメってことでよろしくどうぞ。
[PR]

by april_cinema | 2015-06-27 00:00 | 6th-man
2015年 06月 05日
感想_ハンガー・ゲーム:FINAL レジスタンス
b0130850_1343959.gif前ふり止まり。『ハンガー・ゲーム:FINAL レジスタンス』6月5日公開。記念大会だったハンガー・ゲームから危機一髪で救出されたカットニス。彼女が収容されたのは、第13地区と呼ばれる場所で、そこはスノー大統領が支配する世界を倒そうとするレジスタンスの拠点となっていた。自身の故郷である第12地区も破壊されたことを知ったカットニスは、革命のシンボルとなることを決意。しかし、姑息な大統領は、人質となったピーターを利用してくる。はたして彼らの運命は?
映画『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』オフィシャルサイト 6月5日(金)全国ロードショー

前作見てないとさっぱり意味のわからない始まり方で、見てたけど忘れてたのでちょっと唐突さを感じつつ、でしたわ。PSHてもうすでに反大統領側だったっけ?とか、ジュリアン・ムーアって前からもう出てたんだっけ?とかピーターって最後どうなったんだっけ?とかあやふやなところは抱えつつも、まあ、スノーvsカットニスってことでいいんだろうけどね。

で、話は進んでるような進んでないような、前フリ止まりでしたね、という最終章前後編ものにありがちな感じ。各キャラクターの掘り下げがなされるわけでもなく、だらだらとみんなが顔出ししていく感じだったし、後編に期待が高まるという展開でもなくて、なんだかなー。ピーターは洗脳されたのか、なんなのか。てか結局この作品の世界観もよくわからないままだよね。独裁と民衆ってことなんだろうけど、生活レベルもいまいちわからないし反乱を起こす理由もはっきりしない気がしてきたので、特にカットニスに肩入れできず。ハンガーゲームってなんだったんだよ、ってことになってきちゃったわ。金持ちの道楽でしかなかったのかなー。

すっぴんのジェニファーローレンスはやっぱり特に魅力感じないなーと思いつつ、魅力的なキャラがいないのも萌えないポイントだなと。でも、PSHの遺作である以上最後まで見ますよ。後編は11月ね!
[PR]

by april_cinema | 2015-06-05 00:00 | 6th-man