<   2007年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2007年 10月 31日
感想_エンジェル
b0130850_23382146.jpg空想に生きるのは幸か不幸か? 『エンジェル』12月8日公開。エンジェルは、貧しい家の出でありながら、自身の才能と未来を信じ、想像力豊かなロマンス小説を編み上げる。これが出版社の目に止まると、たちまち女性たちの支持をえてベストセラーに。空想小説に賛否がありながらも、富と名声を手に入れたエンジェルは、売れない画家のエスメに一目ぼれし、結婚を申し込む。現実と理想、実在と創作を行き来するフランソワ・オゾン最新作。
映画『エンジェル』公式サイト

ずばり"イタイ女"の話。空想に没頭し、その作品自体も現実離れしながら、それでも支持を得た小説家。現実世界においてもどこか地に足の着かない浮遊した人生を送っちゃう。常に自分の世界の中にいるエンジェルには、何が起きても一方通行。周囲の目も声も聞こえているようで聞こえてないんだよね。しかし、彼女は不自由ない暮しをし、唯一にして最大の理解者=ファンもゲットできたわけで。最後の言葉は、自らの小説のセリフという、どこまでもメルヘンな女〜。

1つ。多分女性は、この女に半ば憧れ、半ば見下しながら観るんじゃないのかしら。オレは完全に出版社の嫁の目線で「まったくデタラメ」と切り捨てがちだっただけど、エンジェル本人には夢も恋も手に入れた幸せな人生だったのかも。もう1つ。死の間際には誰も振り向かなくなっていたエンジェルの創作。それに対してエスメの絵は死後、評価を新たにしようとしていた。ここにもまた、生前の名声と死後の評価、どっちが芸術家として本望かというメッセージが投げ掛けられてるね。

こういう女、いるよねー。程度の差はあるけど。ユメの中を生きた彼女は果たして幸せだったか。ちまたを賑わす「chick lit」そのものを主人公にしちゃったような、オゾン初の英語劇。2つの対比を通してメッセージを投げる興味深い一作でした。
[PR]

by april_cinema | 2007-10-31 00:00 | Starter | Comments(0)
2007年 10月 30日
感想_ダーウィン・アワード
b0130850_2354525.jpgネタ元はまあおもろいけどね。『ダーウィン・アワード』12月1日公開。最もくっだらない死に方をした人に贈られるという「ダーウィン賞」。これが大好きな、殺人犯を取り逃がしてクビになった元警察プロファイラー・マイケルは、これにノミネートされちゃうようなしょうもない死に方した人を保険適用外にすれば支出削減できまっせと保険会社に売り込む。それを実証すべく、保険会社のシリとともに全米中の変死連中の超バカっぷりを暴きにゆく!
映画『ダーウィン・アワード』公式サイト

「ダーウィン賞」ってのは、最もくだらない死に方をするアホ=死んでアホ遺伝子を減らした=逆説的に人類の進化に貢献した人、に贈られるそうでインターネットサイトですって。くっだらねー! 実在してて、要するにネタものサイトね。ちょっとのぞいてみたら、確かに泣くに泣けないのがノミネートされてる!
The Darwin Awards

で、映画の中でもそんな不可思議な死に方した人を順々に取り上げてく。確かにしょうもないんだけど、なんだろ、映像で観ていくといまいち笑えないんだよな。不謹慎てことでもなく(不謹慎だとは思うけど)、なんかこういうのって文字で見てると想像の余地があって楽しめるけど、実際に画で見せられちゃうと、ふ〜んで終わっちゃうような気が。映像で笑わせるにはもうひとヒネリ必要なんだと思う。

ま、そんなこんなをメインに、マイケルとシリとのラブコメを盛り込んで、B級映画のいっちょあがり。ネタ元は確かに面白いと思うんだけど、映画としては苦笑い。オリジナリティがあるようでないんだよ。これはまさに、他人のおもしろ話をして笑いを取るというパターンで、それって芸じゃなくてただのテクニック。本質的に面白いわけじゃないってやつだな。人を笑わせるって難しいっす。
[PR]

by april_cinema | 2007-10-30 00:00 | IL | Comments(0)
2007年 10月 29日
感想_マリア
b0130850_2353356.jpgイエス様って安産だったのね。『マリア』12月1日公開。両親の命によりヨセフと婚約したマリア。1年間は交わりを結ばない掟を守りながら、彼女は神のお告げによって純潔のまま子を宿す。ヨセフもまた神からのメッセージによって彼女を守ることを決意し、身重のマリアを連れてベツレヘムへと向かう。その背には、預言者出現を恐れる支配者ヘロデが迫り…。
マリア

なんてったってイエス誕生という強力ウェポン持ってきたわけだから、どんな壮大なストーリーと、神々しい奇跡が起こるのかと思ったら、拍子抜けするほどにあっさりさり。身ごもるときの神のお告げもサクサクなら、それを受け取る側も素直そのもの。もっと度肝抜かれるような事件があってもよかったんじゃない? さらにはベツレヘムへの道中のピンチにも手に汗握るような命からがら感はない。町についてからもさほどの苦難があったようには見えないし、ヘロデの追っ手も的外れ。そしてクライマックスであるイエス生誕の瞬間! …エ、随分安産だったんすね。

ドラマも弱ければ、登場人物たちの背景も特になし。なぜマリア? なぜヨセフ? 説明も神秘性もなく、ただの無作為抽出だったのか…? あえて、変に仰々しくせずシンプルに描いたともいえるかもだけど、ちょっと惹き付けられなかったな。その他、サブキャラたちにもインパクトないし、とにかくなにからなにまで薄味なのよ。ネタがネタだけに、変に触れなかったのかなー。バチカンで試写会をやったとかいう話だし。

そして、これはオレだけかもしんないけど、英語セリフが最後の最後まで違和感。別に悪い映画ってことではない。ただ期待に沿う内容ではなかったってだけ。ガッデム!
[PR]

by april_cinema | 2007-10-29 00:00 | Reserve | Comments(0)
2007年 10月 28日
感想_ここに幸あり
b0130850_2352121.jpgなんとなーく上品な三木聡風? 『ここに幸あり』12月1日公開。大臣のヴァンサンは、突然失脚。家に帰れば愛人が出て行き、妻のところへいけば追い返される。母を頼っていったアパートは、あれま外国人に不法占拠されて。途方に暮れながらも古い友人に会ったりしてたらなんとな〜く日々は流れ流れて。
ここに幸あり

ゆっるゆる〜! ヴァンサンの身の周りと人生を振り返る近場ロードムービーというか、街の中をふらふらふら〜とさまよって、ほうぼうで旧友なり旧知の人たちと袖すりあってくお話。しかも特に目的はなしで風の吹くまま。どことなく『転々』と似たムード。まあ、あっちは失われていく人生の切なさで、こっちはなにはなくともな人生の楽しさだから、根底にあるものは真逆なんだけれども。小ネタを散りばめながらも笑わせる一歩手前でさっと引く奥ゆかしさが、なんとなーくいい感じ。

な空気で延々と2時間。のんびりしすぎな気さえするおっとりゆったり。急ぎ過ぎちゃってる人、意味を求め過ぎちゃってる人は、ここらでちょっと一休み、って感じか。おっと、爽やかロハスみたいな感じとも全然違ってヴァカンスでもヴァケーションでもありませんからね。

もうちょっとくらい盛り上げてくれてもいいのに、って思うくらいの映画は、まるで予定のない休日がずーっと続くような感じ。深く刺さりはしなかったけど、あざとさもなく、お上手なバランスで、嫌いになれないんだなぁ、これが。
[PR]

by april_cinema | 2007-10-28 00:00 | 6th-man | Comments(0)
2007年 10月 27日
感想_ある愛の風景
b0130850_80495.jpgすげえところを衝いてくる。『ある愛の風景』12月1日公開。弟のヤニックが出所した日、ミカエルはアフガニスタンの復興支援へ。その地でミカエルの乗ったヘリが撃墜されたという報せが届き、遺された妻・サラと2人の娘、そしてミカエルの家族は哀しみに暮れる。しかし、死んだと思われていたミカエルは生きて帰ってきた。変わり果てた姿になって。
『ある愛の風景』公式サイト

『アフター・ウェディング』もそうだったけど、"デンマークの恐るべき才能"というのはホントだな。スサンネ・ビア監督、今作でもすごいところを切り取ってくる。物語としてのポイントは2つだけ。ミカエルに起きた悲劇、そして生還。たったこれだけなのに、そこから生まれる人間の感情をこうも深々と描けるなんてセンス以外のなんだというのか。

この人の撮る画は、例えば登場人物の「眼」になってその視界をクローズアップしたり、その「眼」そのものに迫ったり、誰かの「心」になって心象風景のようなエフェクトをかけたり、構図や技術を駆使して人間の生きた感情を否応無く抜き出す。しかも、それがただ凝った画ってだけじゃなくて、ストーリーとしての起伏はなくても、この変幻自在の映像で背景まで十二分に語りかけて2時間弱を成立させてるんだよ。すごいなー。

ちょっとのことで揺さぶられる人間の感情。劣等感、孤立、自己嫌悪、戸惑い、そして普遍の愛。全然明るい話じゃないし、盛り上がりなんて一切ないから人には薦めづらい。だけど、静かに強く深く侵食してくる作品。そして最後にはほのかな救い。てんで地味なれど、本質のある秀作です。
[PR]

by april_cinema | 2007-10-27 00:00 | All-Star | Comments(0)
2007年 10月 26日
感想_ナンバー23
b0130850_2351262.jpg"23"といえばMJが最初に思い出されるねぇ。『ナンバー23』11月"23"日公開。2月3日の誕生日、ウォルターは妻から一冊の本を渡される。「ナンバー23」というその殺人ミステリは、"23"の呪いに取り憑かれた男の話。読みふけるウォルターは気付く。その主人公が自分に似ていることに。そして、自分の周りに迫ってくる"23"という数字に…。
ナンバー23公式サイト

まあまあ楽しめるスリラーだったわ。「23エニグマ」って知らなかったんだけど、なかなか知的好奇心をくすぐるネタなのね。「黄金比」ほど神秘的でもなく、どこかこじつけっぽさは否めないけど、それでも最後まで展開が気になったぜ。変に話を拡げずに、ある殺人ミステリの中だけに絞ったコンパクトさが成功の要因だな、多分。オチ自体は斬新とはとてもいえないけど、でも十分に効果的だったと思います。隠し味程度の家族愛もまた、後味をよくしてくれたしね。

無理やり足したり引いたり="23"ってのはかなり強引と思えるけど、そこを納得できるかどうかってところで、ノれるノれないが分かれそう。オレはけっこうすんなり入り込めて、フレームの中に映りこんでる話と無関係な"23"まで見つけ出しちゃう始末。というか、そんな細かいとこまでせっせと"23"を仕込んだことを評価したいですわ。

"23"の符号に因果はあるのか。詳しくは劇場でお確かめあれ。
[PR]

by april_cinema | 2007-10-26 00:00 | Starter | Comments(0)
2007年 10月 20日
感想_ミッドナイトイーグル
b0130850_23564984.jpgスリル・迫力・リアリティ欠乏症。『ミッドナイトイーグル』11月23日公開。元・戦場カメラマンの西崎は、3年前より星空ばかり撮っていた。ある夜、偶然にも撮影した謎の墜落飛行機は、なんとアメリカ軍のステルス機! 新聞記者の落合とともに墜落現場の北アルプスへ吹雪の中を向かうと、そこには日本を揺るがす恐るべき秘密が隠されていた!!
ミッドナイト イーグル

スケールの大きい山岳アクションの迫力に期待していたんだけど、全然大したことねー。コトのデカさに反して、やけに狭いテリトリーの中だけで性急に話が進むし、緊張感を覚える前にどんどんと展開。秘密も機密もツルツルツルっとあっちゅー間に民間人にじゃじゃ漏れ。こうなるとスケールが大きいんじゃなくて、単に大味なだけだわ。

各キャラクターに一応のドラマはあれど、これまたミサイル級のスピードで駆け抜けるもんだから感情移入することも叶わず。展開を端折ってるせいなのかやたらと説明くさいセリフが続き、その上、演出も野暮ったいもんだから、なんだか白々しくってさ。中盤には完全に興ざめモード。

そんな中でも大沢たかおは唯一万全で、彼の見せ場では引き込まれるんだけど、そんな熱は玉木君がすぐに冷ましてくれまして。吉田栄作も地味にいい味出しているのに、これまた玉木君がかき消してくれまして。てな具合に全体的に浅さが目立つ感じで、なんのエモーションもえられず。拍子抜けすること確実の1本でしょー、これは。
[PR]

by april_cinema | 2007-10-20 00:00 | Reserve | Comments(0)
2007年 10月 19日
感想_マイティ・ハート/愛と絆
b0130850_23491534.jpgアンジー、耐え忍ぶの巻。『マイティ・ハート/愛と絆』11月23日公開。パキスタンに滞在していたジャーナリストのマリアンヌ。パキスタンでの最後の取材に出かけた同じくジャーナリストの夫・ダニエルが行方不明に。さまざまな手を借りて必死に捜索するもダニエルは見つからない。それはテロ組織による誘拐だった。マリアンヌは妊娠6カ月の体で、夫の無事をひたすら信じて待ち続ける。
マイティ・ハート -愛と絆-

実話手記を元にした衝撃の映画で、邦題サブタイトルから想像するような温かい感動作品ではまったくなし。容赦ないほどにシビアだから、気安くお涙デトックス気分で迂闊に行くとカウンターKOは必定。少なくともオレは呑気に観に行って返り討ちだったしね。終映後フラフラで絶句でした。そのくらい壮絶かつリアルな30日間。

愛する人を暴力的に奪われて、それでもひたすら待ち続けるマリアンヌの強靭さ、いや、深い愛情か。は、確かに胸に迫る。テレビ出演での応答なんてなかなかできることではない。けれど、それ以上に内臓を掻き毟られるのは、犯人たちの残忍さというか、無情さ。本当にイヤんなるよ。なんでこんなことが起こってるわけ?

娯楽映画ではなく、地獄のように残酷な「事実」を痛感させられる。マリアンヌのように強い気持ちでの鑑賞をおすすめします。
[PR]

by april_cinema | 2007-10-19 00:00 | 6th-man | Comments(0)
2007年 10月 18日
感想_君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
b0130850_23481981.jpg知らない歴史が山ほどあるな。『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』11月17日公開。ソ連からの解放を求めハンガリー市民は大規模デモを行い、駐留ソ連軍との銃撃戦がはじまった。水球ハンガリー代表のカルチは、自由を求め活動する女学生・ヴィキと出逢い、彼女に惹かれるようにデモに参加。ソ連軍の撤退によりハンガリーは自由を手にしたように見えた中、カルチと水球ハンガリー代表はオリンピック会場のメルボルンへと向かう。
映画「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956」公式サイト

1956年に起きたハンガリー動乱と、同じ年に行われたメルボルン五輪で金メダルを獲得したハンガリー代表を描いた大河ドラマ。ハンガリーによるハンガリーのための映画という性格もありつつ、自由を勝ち取るための戦いと悲惨な史実は、誰が観ても胸を痛めるところ。オリンピックでのハンガリー対ソ連てのは水球史上もっとも有名なゲームだそうで、「メルボルンの流血戦」なんていわれてるんだそうだ。

この歴史を知らない身からしても、この動乱は相当な悲劇。あとからプレスで前後の歴史関係を補充したけど、起こるべくして起きたともいえる自由への壁。避けては通れない道だったんだろうなぁ。

さて、映画として動乱の全体を見せるのはいいんだけど、登場人物の焦点が曖昧で、カルチの葛藤を見せたいのか、ヴィキの信念を見せたいのか、はたまた秘密警察や政府のしがらみと非情さを見せたいのか。多分全部なんだろうけど、そのせいでポイントがややぼやけて、直接の関係を持たない他者に語りかけてくるものがやや弱まったように思える。

もちろん、こんな争いはごめんだし、水球選手たちがハンガリーの希望であったことはわかったけれど。
[PR]

by april_cinema | 2007-10-18 00:00 | 6th-man | Comments(0)
2007年 10月 17日
感想_ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた
b0130850_23471798.jpgパイも人生も前向きに作らないとね。『ウェイトレス~おいしい人生の作り方』11月17日公開。ジェンナは望んでもない妊娠発覚! だってダンナのアールは超束縛系暴力かいしょうなしロクデナシなんだもの。あぁ、これじゃ離婚どころか、隣町のパイ作りコンテスト出場兼家出計画も台無しよ!! あたしの人生、もうダメなの?
映画「ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた」公式サイト

エピソードのひとつひとつがど〜もちぐはぐな印象だったんだよなー。産婦人科医との不倫も、同僚たちの恋愛も、オーナーの助言も、どうもバラバラと起こってるように思えて、いまいち入り込めず。あえて茶化しつつもリアルっちゃーリアルなんだが。パイ作りも、なんかちょっとオマケっぽく感じてしまった。

とはいえ、悪いダンナに縛られて身動き取れない主人公が自分の人生を見直してく中、それまでのウダウダ・ダラダラを自ら臨む一大イベントを機に、全部吹き飛ばすさまは痛快。鬱積する日常の文句タラタラも、主体的かつ能動的に受け入れ自ら選び取ることで、はじめて道は開けるってか。そういうのに気付く瞬間て、確かにあるよね。

あそっか、そこに至るまでのエピソードが気に入らなかったのは、流されてるジェンナの煮え切らない生き方そのものだったからか。と、オレの感想もなんだか瞬間的に路線変更。そう考えるとノれなかった前半もまた違った味わいに。前半から感情移入できてたら、すごく響く映画だった気がします。女子はまた違った感想になるかしら?
[PR]

by april_cinema | 2007-10-17 00:00 | 6th-man | Comments(0)