<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2015年 05月 23日
感想_サンドラの週末
b0130850_13532986.gif究極の選択。『サンドラの週末』5月23日公開。うつ病が完治し、職場復帰が目前のサンドラだったが、会社から解雇を言い渡される。不服を訴え、サンドラ復帰を社員の再投票で決めることになるが、復職の条件は、同僚16人のうち過半数にボーナス1000ユーロを放棄させること。投票は3日後、月曜の朝。同僚全員を説得して回るサンドラの短くて長い週末が始まった。
映画『サンドラの週末』オフィシャルサイト

主演のマリオン・コティヤールがアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされていた作品で、ダルデンヌ兄弟作。マリオンはうつ病あけで精神的に安定しない女性を演じてますが、相も変わらず美しいわー。そして作品は静かにいろいろと考えさせるわー。

ほぼワンシチュエーションドラマといってもいい感じの展開。サンドラは、とにかく同僚を訪ねる。1000ユーロのボーナス or サンドラの復職というわりと究極の選択の中で、サンドラの復職を選んでもらうというミッションはかなりハードルが高い。居留守を使う者、要求を突っぱねる者、苦しい家計を訴える者。一方でサンドラに味方する者、一度はボーナスを選んだ自分を責める者、サンドラの親切を今も忘れない者。正解はない。価値観はそれぞれ。サンドラだけが特別なわけではないから。ボーナスを選んだとしても責められる理由はない。

それだけの話だけど、小さな伏線があちこちに。主任の陰謀説も真相はあやしいし、そうなると最終的な投票結果も果たして不正はなかったのかという疑問も。そこにかぶせて社長からの最後の提案は随分やってくれるぜって感じ。でも、資本主義社会ってこうなっちゃうし、なにも会社だけに限った話じゃないか。パイの数が限られている。それを手にできないものが必ず出る。そのとき果たしてどうするのか、と。倫理感が問われるなー。

自己犠牲や奉仕だけで結論づけられないし、隣人愛ということだけでもないし、お金か仁義かという二元論でもないし。こういう複雑さは社会のあちこちに転がってるよね。単純なプロットでそれを描くお手並みはさすがというべきか。同僚たちにもそれぞれの背景があって群像劇っぽくも見えるし、移民のこととか、親子関係、結婚関係、共働きで生活がやっとのこと、地方都市の抱える問題、グローバリゼーションの弊害、いろんなフランスの世相も反映していると思われます。

娯楽性はないけど、考えさせられる映画。今にも逃げ出しそうなサンドラが立ち向かったことがエライ、ってだけにしちゃうのはもったいない。さて、僕はどちらに投票しただろうか。
[PR]

by april_cinema | 2015-05-23 00:00 | Starter | Comments(0)
2015年 05月 23日
感想_追憶と、踊りながら
b0130850_13163422.gif真実は優しくはないけど。『追憶と、踊りながら』5月23日公開。ジュンはロンドンの介護ホームで暮らしている。唯一の楽しみは息子のカイが訪ねてくる時間。でも、ジュンには不満があった。カイが自分と暮らさずに友人のリチャードと暮らしていること。しばらくして、リチャードがジュンを訪ねてやってきた。カイは死んだ。ついにはジュンに、同性愛者であることを告げることなく。
映画「追憶と,踊りながら」|5月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

遣る瀬無い空気に包まれる物語。息子を失ったジュンと、愛する人を失ったリチャード。それぞれ、異なる愛情を同じ人に向け、それゆえに反目もし、そしてその行き場を失ったときにお互いを理解もするふたり。唯一の接点を失ったことで出会ったふたりの胸にやってくるのは、やっぱりカイへの愛情と、喪失感。埋められないその不在がふたりの心をそれでも静かに近づけていく。

カイは最後まで本当のことを母親に言えなかった。ジュンは気づいていたかもしれない。でも彼女は英語も話せないままで、その孤独を知るからこそカイは言えなかったんだろう。彼らがイギリス人だったらもしかしたら言えたのかもしれないけど、そのあたり東南アジアではどうなんだろう。リチャードはそんな彼をちょっと不満に思っていたかもしれない。堂々と自分を紹介してくれればよかったのに。でももう、そんなことを言う相手はいない。

監督は、カンボジア出身で現在はロンドンに暮らすホン・カウで気鋭の若手だそう。自身のルーツを反映させながら、家族の愛と、恋人への愛を重ね、静かにつづりました。本当に静かな90分弱の物語で、会話劇で大きなドラマはない中で、いろんな情感を漂わせるのは評価されるのもうなずける感じ。もっと大きな物語を描いたらどんなだろう。

思い出は人を優しくしますね。幸せな記憶が、遺された人を支えるものなのかもしれません。
[PR]

by april_cinema | 2015-05-23 00:00 | Starter | Comments(0)
2015年 05月 23日
感想_チャッピー
b0130850_1225751.gifだいぶ見やすかったです。『チャッピー』5月23日公開。2016年ヨハネスブルグ。ロボット警察が活躍する世界で、研究者のディオンはAIの開発に成功するも、それは危険なものとして搭載を認められなかった。そこでディオンは極秘でスクラップロボットにAIを搭載、誕生したのは人間の子供のような「チャッピー」だった。しかし、チャッピーは街のギャングに奪われてしまう。人間同様に育ち始めるチャッピーは、ギャングの流儀を身につけ、ストリートで生きる術を獲得。だが、彼は知ってしまう。自分のバッテリー=寿命があと5日しかないことを。知能を持つチャッピーは、死の意味も理解していた。
映画『チャッピー』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

『第9地区』も『エリジウム』もイマイチ乗り切れなかった僕ですが、これはすごく楽しめたなー。なんだろ、話がシンプルだからか、予算が増えてチープさが消えたからか、よくわかんないけど面白かったです。まずは純粋無垢なチャッピーが、ギャングに育てられるという話。これ人間界だったら漫画とかでありそうな話だけど、AIとヨハネスブルグの危険地帯って組み合わせは面白かったわ。ロボットだけど赤子同然に好奇心を持ち、恐れを持ち、無知なるものとして描かれるチャッピーがかわいいのね。でも能力はやたら高いという。お絵描きしてたはずが、気付けばアクセをジャラジャラしてガニマタでギャングのごとく歩き始める滑稽さ!

でも話はそこで終わらずに、チャッピーが死を恐れ、何をするのかというところへと向かいます。すでに感情移入してる我々としては、チャッピーになんとか生き延びてほしいと思うわけで、で、大オチがけっこうまさかの展開。こうなると今度は倫理の問題が突然ふってわいてくるという。最初に、人工知能が認められなかった理由はここにあるわけですね。はたして人間とはなんなのか。命とはなんなのか。コピーされた意識ははたしてなんと呼ぶべきなのか。

近頃のSF映画じゃAIは当たり前のものとして登場してきて、これが現実世界となる日も近いんじゃないかと思わせるけれどどうなんだろう。この映画ですぐに何かが怖い、って感じにはならないけれど、人口知能までいかなくともロボットの世界が確実に近づいているような気はします。人間、本気だすと作るからね、なんでも。

人口知能だけじゃなく、ヨハネスブルグの問題もあれば、環境が人間性を作るという面だったり、なにげに多様なグラデーションを持った作品。エンタメとしても満足度高い良作だと思います。
[PR]

by april_cinema | 2015-05-23 00:00 | All-Star | Comments(0)
2015年 05月 16日
感想_駆込み女と駆出し男
b0130850_1238634.gifへぇ〜度高め。『駆込み女と駆出し男』5月16日公開。江戸時代後期、離婚を望む女たちの駆込み寺だった、鎌倉の東慶寺。夫の放蕩に嫌気がさした、じょご。そして豪商のめかけだったお鈴が、今日も東慶寺へと駆け込んできた。そこに居合わせたのが、柏屋源平の甥っ子で、駆け出しの医者の進次郎。今も昔も変わらない、訳ありな男と女の物語、始まり始まり。
『駆込み女と駆出し男』2015年5月16日(土) 全国ロードショー

これはこれは、なかなか面白かったです。時代劇だけど、訳あり男女の物語というところで現代性あり、古典トリビアあり、でもって役者の見せ場もたっぷりかつ、知的エンタメっぽいところもありという感じですね。冒頭、ちょっと世界観を頭に入れるのに時間がかかったというか、やはり台詞回しが古典系なのでちょっとなじまなかったけど、それに慣れてきたらだんだんと物語に入っていけました。ホームページで概要みとくくらいの予習をしといたほうが入りやすいのかもしれない。

そもそも、東慶寺に駆け込んで2年間尼さんとして務めたら離縁成立っていう制度がおもしろいし、実際そこに駆け込む女性がたくさんいたというのもおもしろい。この話の中ではメイン2人とサブ2人の女性が取り上げられてたけど、まあほかにもいろんなドラマがあったんでしょうな。そして東慶寺の中の女性たちも、結局は俗世が忘れられずに若い男の匂いにムラムラしちゃったりするあたりもリアルなのかな。ちょっと男性監督目線入ってる気がして、女性はどう思うんだろう?なんて思ったりもしたけれど。で、進次郎が頼もしく見えつつも、最後にはじょごのほうがよっぽど男らしかったりするのは現代性を反映させたんですかね。身につまされつつ拝見しましたわ。

いやしかし時代劇かつ古典セリフということもあって、役者力を存分に感じましたね。まずは満島ひかり。出番がそこまで多いわけじゃないけど、冒頭で一気に存在感出まくりオーラ。この人は完全に本物。今後ますますすごいことになるわ。蒼井優たんと対決してほしいです。そしてベテラン陣ね。堤さん、樹木希林、中村嘉葎雄さんにキムラ緑子などなど、さすがすぎて。そこにひょっこり入れちゃう大泉さんも実力者だよなぁと改めて。戸田恵梨香たんは、どうしてもこの中だと見劣りしてしまったわ。ヒロインだけにちょっと残念。武田真治とか、麿赤児さんとか、山崎努さんとか、脇を固める面々もカンペキね。内山理名はもはや誰だかわからなかったね。

なにげなく馬琴の里見八犬伝とか、江戸トリビアと、素晴らしいとか素敵とかの言葉あそびも散りばめられてて、古典エンタメの様相も。強いて言うならば2時間半はちと長かったなぁと思ったけど、全体楽しませていただきやした。なじみある鎌倉の東慶寺がそんな由緒をお持ちとは。今じゃ写経とか座禅体験とかギャラリーショップとかでにぎわってますが、それは電通さんがブレーンとして入っているんだそうですよ。
[PR]

by april_cinema | 2015-05-16 00:00 | Starter | Comments(0)
2015年 05月 15日
感想_真夜中のゆりかご
b0130850_15522980.gif理屈じゃ割り切れないよね。『真夜中のゆりかご』5月15日公開。幸せに暮らす刑事のアンドレアスだったが、ある夜、妻アナの絶叫で目覚める。その手に抱いていた赤ん坊のアレクサンダーは、息を引き取っていた。ショックのあまり遺体を離そうとしないアナを前に、アンドレアスはネグレクトにあっていた前科者の赤ん坊とのすり替えを思いつく。それは新たな悲劇を呼ぶとも知らずに、ただ唯一の方法であると信じて。
映画『真夜中のゆりかご』

スサンネ・ビア最新作! 今回もじとーっとした展開で、アンドレアスの行為はあまりに常軌を逸し過ぎていて共感できねーって思ってたけど、なかなか理屈だけじゃ割り切れない落とし所だったな。アンドレアスは間違いを確かに犯したけれど、それは別の命を救うことにもなった。そしてそもそもの問題は別のところにあった。現実の難しさだね。正しいことがすべてではないし、今その場で起きていることと、これから先起こるであろうこと、どっちが大事かは誰にも測れないし。

思い返せば冒頭から妻の不安定さは際立っていたし、夜泣きのあやし方やヒステリックな感じは布石だったわけですね。それだけ子育てというのは難しく大変だということ。対照的にサネの母性が最終的にはアンドレアスへの救済になるわけですが、なかなかどうして。アナのお母さんとの関係性も伏線ということだけど、ちょっとわかりづらかったね。アンドレアスのお母さんや、同僚シモンの家族関係も、ひとつのメタファー。こういう丁寧な描写は、ビア監督のいいところ。北欧の風景、インテリアの素敵さもまた魅力のひとつで。

メタファーといえば邦題もまた効いてるね。実際に事件のことを直接さしてもいるし、あっちへ行ったかと思えばこっちへ揺り戻す展開を表してもいるし、視点と立場によって見え方が変わり続ける価値観の振れ幅のことも指しているのでしょう。いい時もあれば、わるい時もある。今がそのどちらにいるのかは、しばらく後になってからしかわからないというのが難しいところだよね。村上春樹が、生きる意味ってなんですか?って聞かれて、死んでから考えればいいって言ってたけどそういうことだよね。死んでみて初めてわかるのが、生きてた意味ってわけで。

最終的にアナがいちばんダメじゃんて話しでもあるけど、彼女への救済ももう少しあるとよかったかなー。ただの情緒不安定女になっちまったからね。そしてサネ役の女優さんの目ヂカラはすごかったね。モデルさんだそうで。
[PR]

by april_cinema | 2015-05-15 00:00 | All-Star | Comments(0)