<   2015年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2015年 08月 29日
感想_ロマンス
b0130850_1294361.jpg大島優子かわええ。『ロマンス』8月29日公開。ロマンスカーの車内販売をする鉢子は、乗客の万引きを目撃し、駅に突き出す。しかし映画プロデューサーを名乗るその男は、鉢子の持っていた母親からの手紙を盗み見、母親を探しに行こうと提案。わけもわからないままその男に連れられて、子供の頃の思い出の地である箱根をめぐることになった鉢子。父と離婚してからというもの、自分を見失ったような母への嫌悪と、今の自分への苛立ちを抱えながら、1日の小さな小さな冒険がはじまる。
映画『ロマンス』公式サイト

タナダユキ監督らしい、女の子の等身大目線が詰め込まれた、フツーの哀愁漂わせた1本。大きな世界じゃなく、ひとりの存在にフォーカスしながら、その小ささの中に普遍とリアルをのぞきこむような感じです。てゆーか、ほんとかなり普通ですね。普通の中のあるあるを、「私のことかも」って思わせる雰囲気。僕個人にはあまり刺さらないのですが、昨今多いゆるふわな女子の自分探しモノとは一線を画していて、地に足はついてると思います。

大島優子ってかわいいよね、って思ってたけどやっぱりかわいかったですわ。車内販売ガールの制服萌えもあったし、万引き追っかけダッシュもおっさん的にはかわいいし、桜庭のやることを冷ややかに見るツン顔もよかったわ。できの悪い久保ちゃんにしっかり突っ込むシーンはファニーでよかったです。

本当は、死ぬつもりだったのは桜庭だったんだろーなーと思います。借金で首が回らず、思いつきで飛び出して、もうどうにでもなれって思っての小さな万引き。その小さな死の匂いが、鉢子の抱える小さなほころびと共鳴してのプチトリップにつながったんだと思います。この小さなほころびは、誰にだって必ずあるもので、普段は口に出すようなものじゃないけれど、どこかで吐き出さないといけないときもある。旅立ちの日は、そんなに大袈裟なものじゃなくて、普通の毎日のどこかにも潜んでいるし、出会いと別れはいつだって繰り返されている。

見終わっても大して何かが変わるわけでもないし、ガンバロウって背中を押されるほどのこともない。だけど、まあそんなこともあるよね、って今の自分を軽く受け流させてくれるくらいのゆるやかな風は吹くような気がします。1600km歩くのに比べたら断然小さな冒険です。箱根、火山の影響大変そうだけど、まともに観光したことないから今度行ってみたいなーとも思いました。もちろん、ロマンスカーに乗ってね! ちなみにスチールのフォトグラファーは川島小鳥さんです。
[PR]

by april_cinema | 2015-08-29 00:00 | Starter | Comments(0)
2015年 08月 28日
感想_わたしに会うまでの1600キロ
b0130850_1372458.gif歩く、って超〜大事。『わたしに会うまでの1600キロ』8月28日公開。アメリカの3大トレイルのひとつ、パシフィックトレイルをたった一人で歩くシェリル。孤独で過酷な道のりで彼女は、歩き始めたことを少し後悔しつつ、これまでの半生を振り返っていた。最愛の母との別れ。哀しみから抜け出せずダメにした結婚。いいことなどなかった人生で、それでも歩き続けるうちにシェリルは、人生に答えを見出しはじめる。
『わたしに会うまでの1600キロ』公式サイト

主演のリース・ウィザースプーンがアカデミーを賑わしたことでも話題だった本作ですが、なんせ監督が『ダラス・バイヤーズ・クラブ』の彼ってことで期待せずにいられるわけない!(その前の『カフェ・ド・フロール』も良作!) で、期待通りのいい作品だったな。わりと予告で予想できる範囲の話ではある。妙齢の女性が、歩く旅を通して自分を省みて、その中で何かを得ていくっていうね。でも、その描き方とか押し付けがましくなさがよかったかな。

実は、道中でこれ見よがしなドラマが起きるわけじゃないのがよかった。ロードムービーなので、もちろん途中途中で出会いはある。ヒッチハイクさせてくれる人、謎のホームレス取材ライター、怖そうな農夫、トレイル仲間、中継点で待つ人、同じ女性でトレイルにチャレンジしている人、地元在住の親子などなど。でもその出会いはあくまで普通の出会い。過去を思い出すきっかけにはなるけど、決して彼らが直接シェリルに影響を与えるわけじゃない。あくまでもシェリルは、自分の中で過去と向き合い、自分の中で哀しみや孤独を受け入れ、そして自分の中で前を向いていくのだ。この落とし前のつけ方はとてもよかった。名作の『星の旅人たち』を思い出したな。あれも、いろいろあるロードムービーだけど、旅そのものがすべての答えっていう描き方だったっけ。

トレイルを歩く現在と、さまざまな過去を交錯させる演出のバランスも見事ね。定石かもしれないけど、すごく丹念に説明と情緒を織り交ぜてあって、退屈せずに感情移入できました。「歩く」って人にとってものすごく大事な行為なんじゃないかなって思う今日この頃です。何かのために歩くのではなく、ただただ歩くということ。出会うものを受け入れ、通り過ぎていくこと。走るとも、車に乗るとも違う、生きるスピードが歩く、なんじゃないかと思います。メタファーではなく、身体的動作としての歩くこと。それを思わせてくれましたし、実際に自分も、知らないところを歩くとき、そういう感覚を持ったりします。目に入る全部が新鮮で刺激的で、でも自分の思考に降りていくだけの余白がたっぷりとあって。リースもそんな物語の中のキャラにハマってたね。昔の方が美人だった気がするけど、それはそれ。大人の女性の魅力を振りまいておりました。

でまあ、言っちゃなんですが原題『wild』がこういう邦題になっちゃいますかねぇ。実は内容とぴったり合ってるんだけどね、もう少しなんか、作家性を大事にしてほしいような。でも、wildのニュアンスが日本だと、スギちゃん方面になっちゃうから難しいよね。かくいう自分も代案が思いつかない…。

何はともあれ見事な一作。オススメです。
[PR]

by april_cinema | 2015-08-28 00:00 | All-Star | Comments(0)
2015年 08月 22日
感想_クーキー
b0130850_122642.jpgかわいいじゃん! 『クーキー』8月22日公開。捨てられてしまったぬいぐるみのクーキー。ごみ処理場でふと命を宿したクーキーは、命からがらスクラップの危機を逃れ森の中へ。そこで目の不自由な村長と出会う。家に帰りたいと願うクーキーを助け、車で森の外まで送ろうとする村長だったが、村長の座を狙うアヌシュカの妨害にあう。ついには村長は濡れ衣を着せられたうえ捕らえられてしまい…。クーキーは村長を救えるのか、そして無事に家へと帰れるのか!?
映画「kooky クーキー」 | チェコで初登場1位 8月ロードショー 新宿武蔵野館

チェコからやってきた実写×パペット映画。2010年公開作で向こうじゃヒットしたみたいっすよ。チェコで人形というとキモカワ系かなーと思いましたが、クーキーは普通にかわいかったよ。村長以下のキャラは森の精霊っぽい感じなので、ゴミっぽいのとジブリっぽいのと合わさっててかわいいというのか汚いというのかよくわからない路線だけど。

動きは実際には糸かなんかつけて操り人形的に動かして、あとでCG処理してるらしいんだけど、そのなめらかすぎない手のあとを感じる処理がなんかいいわ。今時アニメーションの流麗さとはかけ離れた世界が逆になんかリアル。『ファンタスティックミスターフォックス』ほど洗練されてもいないしね。それがなんかいい。だからといって、ゆるすぎるのかというとそんなことなくて、カーチェイスとかすごいからね。砂煙り巻き上げるわ、雪の中を爆走するわ、なかなかの迫力を楽しめました。

ただストーリー的には案外フツーの冒険譚に見えたかな。社会性もはらんでいる気がするんだけど、環境ってわけでもなく、人間関係ってわけでもなく。メッセージとしては子供時代のキラキラした好奇心てのがあって、確かに森の中の暮らしは小さなものも輝いていて、そのすべてが大冒険てのはなんとなく伝わる気が。鳥の卵を守ったり、水のきらめきにワクワクしたり、動物ひとつひとつに話しかけたくなったり。最後また少年と別れるクーキーはどんな気持ちだったんだ?って気もしなくもないけれど。

てことで、まあまあかわいいパペット映画でした。
[PR]

by april_cinema | 2015-08-22 00:00 | Starter | Comments(0)
2015年 08月 22日
感想_ナイトクローラー
b0130850_1235680.jpgキモリアル。『ナイトクローラー』8月22日公開。深夜、金網を盗んで売りさばく男ルイス。ある日、たまたま出くわした交通事故現場を撮影するクルーに遭遇。そのスクープ映像がテレビ局に売れると知ったルイスは、さっそくビデオカメラを入手し、警察の無線を傍受、事故現場のいち早い撮影に成功。まんまとテレビ局にデータを買ってもらう。味をしめたルイスは、機材と車、そして助手を揃え、毎夜撮影へと向かうように。誰よりも早く現場をおさえるため、撮影はエスカレートし、ついにルイスは超えてはならない一線を超える。
映画『ナイトクローラー』公式サイト

ジェイク・ギレンホールの怪演が話題の本作、いや~気持ち悪かったねー。『フォックスキャッチャー』のスティーヴ・カレルと共通する気色悪さ。なにを考えてるのかつかめず、その目はどこを見ているのかわからず、言葉すらも通じているのかどうなのか。日夜ネットにかじりつき、血の通わない情報だけを体内にめぐらせ咀嚼して吐き出すそのおぞましさよ! ネット社会の現代を痛烈に皮肉ってます。こういう人、絶対いるし。だけどそれでやっていけちゃう怖さ。ジェイクは12kg減量して役作りしたそうですが、目のギョロつき具合がすごいんだわ。思い出すだけで気持ちワル!

とにかく夜のシーンばっかりだし、話が犯罪まがいなので、テンションは低く暗く、湿度高め。無線聞いて、現場へ急行、撮影って流れは画的にはそんな盛り上がらないこともあり、ルイスの低温度なしゃべりもあり、中盤はやや退屈もする。が、クライマックスは狂気のカーチェイスになだれこんで覚醒! 思わず『プリズナーズ』がフラッシュバックしたね。ルイス、なんであんなに運転技術あるんだ?

いやはやしかし、刺激だけを貪る視聴者と、過激さを求め続けるメディア、どんどんリアリティを失って暴走していく社会はまっことリアルそのもの。遠いLAの与り知らない深夜の話、とは割り切れませんはこれ。うちらのすぐ隣にも進行している社会的病魔ですもの。やばい犯罪や事故も多い今日この頃、近くでこの手の話が起きてもおかしくないな~と、テンション下がります。

おもしろいですが、まじめに見るとそこそこキツイ話。そんなつもりでどうぞ。
[PR]

by april_cinema | 2015-08-22 00:00 | Starter | Comments(0)
2015年 08月 15日
感想_あの日のように抱きしめて
b0130850_1192922.jpg玄人やわ。『あの日のように抱きしめて』8月15日公開。終戦後、奇跡的に強制収容所から生還したネリー。友人のレネに連れ添われ、酷い傷を負った顔の修復に臨む。傷の回復後、ネリーは離れ離れになった夫ジョニーを探してベルリンへ。戦争の爪痕の残る町でジョニーを見つけるが、彼は顔の変わってしまったネリーが、妻だとは気づかない。しかも、あろうことか彼女に妻のふりをするよう頼むのだった。
映画「あの日のように抱きしめて」公式サイト

なかなかに重厚で渋いドラマだったなー。見応えはあるけど説明は少なく静かに進むから、かなり玄人好み。いろいろ前後関係とか予備知識を入れて、はじめてその重層感が伝わってくるなーという感じ。

まず、旦那がドイツ人であることは明言されなかった気がするけど、そこは知っておいたほうがいいような。離婚の理由も、ネリーが逮捕された状況も明らかにはされず、ジョニーは保身に走ったのか、それともネリーが口にしたシナリオが本当なのかはジョニーにしかわからない。けど、彼は生死のはっきりしない妻を探そうとはせず、お金目当てに離婚記録を取り消そうとしたのは確か。もちろん、そこにも戦後の悲惨な状況で生きるために止むを得ずだったのかもしれないけれど、どうなんでしょう。

最大のポイントは、ジョニー以外はみんなネリーを見て彼女がネリーだと認識したというところ。ジョニーはなぜネリーに気づけなかったのか。本当に一度も疑問を抱かなかったのか。だとしたらそれはなぜなのか。忌まわしい戦争の記憶とともに、自分のしたことから目を逸らしたかったからなのかな、やっぱり。過去を捨てて前に進みたかったジョニーと、過去を取り戻そうとしたネリーのすれ違いがあまりにも痛いね。ネリーはそれをようやく受け入れたラストでした。

前後関係もう少し教えてもらえるとより深くしめそうな1本。玄人好みのお仕立てでした。
[PR]

by april_cinema | 2015-08-15 00:00 | Starter | Comments(0)
2015年 08月 08日
感想_さよなら、人類
b0130850_1121586.jpgシュールすぎね? 『さよなら、人類』8月8日公開。"おもしろグッズ"を売りあるく2人の冴えないサラリーマン。あるバレエ教室の先生と教え子。ロシアへと遠征に出る国王陛下と近衛兵。3つの死との出会いから始まり、いくつかのエピソードが不思議に折り重なるロイ・アンダーソン最新作。
映画「さよなら人類」オフィシャルサイト

ストーリーは説明できません。なぜなら、話の筋はないから。関連性や連続性はありつつも、基本ワンシチュエーション、ワンエピソードが39個連なる不思議な作品。哲学的で観念的なので、理解しようと思うとどこにも辿り着けないというか、完全に置いてけぼりにされると思う。おそらく、事前にしっかりこの映画の予備知識を入れておいたほうが楽しめるのではと思う。監督は何者なのか。どういう作品なのか。なんせオフィシャルサイトに「面白く観るための7つの事柄」なんて項目があるくらいだから。僕はそれをしなかったのでかなり取り残されました。

それでも強引に意味づけをしつつ、あとから公式サイトなんかを見ていくと、後付けながらなんとなくのメッセージは受け取れる。人間の残酷さと哀しみは、ずーっと繰り返されてきていて、それでもなんとか前を向いて生きているってこと。くっついたり、離れたりしながら。美しいものに憧れながら汚れた行為に手を染め、死からは逃れられず、奴隷行為も、動物実験も、やってきた僕たち人類のなんと愚かで、それでも愛おしいことよ。

ワンシーンごとにワンセット、固定カメラで撮るというスタイルが舞台っぽくて、あの人物があっちに顔を出したり、あのシーンとこのシーンがゆるやかに呼応してたりして、おもちゃみたいな楽しさはあるのかもしれない。キャラやストーリーではなく、ひとつひとつの絵を味わって、ちょっとその向こうを想像してみるのがコツかもしれません。かなり訓練が必要だと思うけどね。
[PR]

by april_cinema | 2015-08-08 00:00 | 6th-man | Comments(0)
2015年 08月 08日
感想_彼は秘密の女ともだち
b0130850_1143228.jpgスイッチはどこで入るかわからねーな。『彼は秘密の女ともだち』8月8日公開。7歳からの親友ローラを亡くしたクレール。遺されたローラの夫デヴィッドと、娘リュシーを心配して家を訪ねると、現れたのは女装したデヴィッド。密かに女装趣味を持っていた彼は、ローラの死を機に再び女装に走ったのだった。以来、ふたりは女ともだちとしてショッピングや映画に繰り出すようになるが、クレールの夫ジルはそれを不審に思い…。
彼は秘密の女ともだち -2015年8月8日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館他 全国順次公開!

いやーなんともヘンなテンションだったけど、すっごく面白かったわ。デヴィッドは女装スイッチが入ったら止まらなくなり、それがクレールに飛び火して、さらにはジルを巻き込んで、おかしなことになりつつ、これは一体男なのか女なのか何なのかと思いつつ、最後はまた大胆なフィニッシュですこと。さすがフランスというのか、オゾン監督ならではというべきか、性の多様性もここまでくるとなんだかすごすぎる。いったい、クレールとデヴィッドの関係はなんと呼んでいいのやら。型にハメるのは諦めたほうがいいですね。必要もないんでしょう。

でも、よくよく考えると、これは性の多様性をモチーフにはしているけれど、人間誰しも気づいていないスイッチを持っているってことでもあるなーって思ったは。デヴィッドは女装だったし、クレールはレズビアンだったけど、ジルは父性を目醒めさせはじめていたし、ほかにもそういう自分でも知らない自分てたくさんあるんだと思うんだよね。もっと普通の趣味の話かもしれないし、さらにエキセントリックな趣向の話かもしれないし。そういう人間の秘めた欲望とか、無意識の面白さを描いてたようにも感じました。にしても、ジルはかわいそうだし、ローラは出汁にされた感が半端ないけど。

それにしても、ボーダーレスだよな〜。個人の価値観とか尊厳は守られてしかるべきだけど、それだけを尊重していくともう秩序は保てなくなるんじゃないかな、って思うほど。だってあまりにも個々のケースごと環境も方向性も違いすぎるもの。LGBTだけじゃくくれないでしょこれ。本当の自分を偽れないってのはそうなんだろうけど、とはいえすべてを叶えるってのも無理があるわけだし、どこかに何かしらのストッパーはないといけないような気もする。もちろん、他人に迷惑をかけなければいいとは思うけど、でも迷惑さえかけなければなんでもいいのかっていうとそうでもないような。特に具体例思いつかないから単に自分が保守に走ってるだけかもしんないけど。電車で電話とかって、まあ海外じゃ普通だけど日本じゃマナー違反で、それを迷惑というのかいわないのかって微妙なラインだよな、とかね。全然例えになってないけど。

いやーしかしロマン・デュリスの女装、普通に気持ち悪いんだけどなんかアリな気もするから不思議。アナイス・ドゥムースティエさんは地味かわいかったしね。あとけっこうエロい映画でもありました。それから、成長したリュシーが超美少女。はたして彼女が大人になるくらいの未来はどんな世界なんでしょーね。
[PR]

by april_cinema | 2015-08-08 00:00 | All-Star | Comments(0)
2015年 08月 07日
感想_ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
b0130850_1145369.jpg安定の面白さ。『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』8月7日公開。ロンドンで敵の罠にかかったイーサン・ハント。しかし謎の女性イルサの手によって解放される。その頃、IMFは数々の騒動を理由に解体を命じられ、ハントは単独で地下に潜り、シンジケート殲滅のため行動する。半年後、ハントが現れたのはウィーン。オペラ座で、ハントは黒幕を追い、そこに3人の不審な人物が現れ…!
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』公式サイト

最近のハリウッドアクション大作の安定感はすごいなーと思います。見てないけどジュラシックも評判いいし、アベンジャーズはじめアメコミものもね。これ、相当マーケティングとか、いろんな分析検証が進んで、脚本も編集もアクションも相当緻密に作られてるんじゃないかと思うのですがどうでしょう。

という余談はさておき、チラシの飛行機しがみつきシーンはなんと開始10分で登場する前フリのみとは驚いた! 過去ならクライマックス級のこのシーンは序の口で、オペラ座での曲芸戦闘が続き、モロッコでの水中遊泳からのカーチェイス to バイクチェイスへ。そしてラストはロンドンで。息をもつかせぬ展開で、130分あっという間なんだよねー。派手さでは、前作のブルジュ・ハリファよじ登りなどなどには負けるけど、それでも十分面白かったよ。ハントのとぼけた感じいいよね〜。

トム様はさすがにお年を召されてキレはなくなってきたと思うけど(ボディもなんか微妙な味わい)、全体のチームワークでカバー。ヒロイン役のレベッカ・ファーガソンはキャサゼタ姐みたいだなと思ったらまだ31歳。ただの老け顔でしたか。もうちょっとスターオーラのあるヒロインだとなおいいのだけれど、そっちに走らないのがこのシリーズのいいところなのかもね。

しかし、小道具がいちいちハイパーすぎて萌えるんだよな。鍵をあっさりあけちゃうやつも、3Dで簡単に作るマスクも、目に入れられちゃうカメラも、その他もろもろ。そういえばケータイやタブレットはウィンドウズ全開でしたね。あと、アリババピクチャーズってなんだー! あのアリババがいつの間にか映画進出して出資してるじゃん。びっくりしたなー。

てことで、5作目も安心のMIブランド。トム様が老け込む前にとっとと6作目いっちゃってくださいまし!
[PR]

by april_cinema | 2015-08-07 00:00 | All-Star | Comments(0)
2015年 08月 01日
感想_進撃の巨人(前編)
b0130850_2315333.jpg気色ワルゥ! 『進撃の巨人』(前編)8月1日公開。100年前、突如巨人に襲われた世界は、3重の壁を築き、つかの間の平和を守っていた。しかし、超大型巨人が現れ、壁のひとつが突破され、多くのものを失う。2年後、残されたものたちは壁の修復と土地の奪回を目指して、作戦を決行するが…。
映画『進撃の巨人』公式サイト

この夏いちばんの話題作にして、もっとも酷評されまくっている本作。どれ僕もボロクソ言ってやるぞ〜というよこしまなモチベーションで行ったんだけど、まあ別にこんなもんだったんじゃない? とりあえず、思った以上に巨人がリアル路線で気持ち悪かったってこと。画面トーンもものすごく暗くて、ずーっとダウナーだったこと。原作の設定とかはあんまりちゃんと覚えてないし、物語もほとんど進んでないので、特に気になるところはなし。原作ファンだといろいろ見るに堪えないんだろうね。

どっちかというと、CGはすごく進化したなーと思うし、後半ようやく立体機動装置を駆るようになったときはなかなか迫力あるじゃないかとも思ったよ。でもそのアクションにドラマがないので、単発でしかないけれども。あとは、とにかく薄暗い、みんな汚れてるので、よく見えないわ。この作品の世界観て絶望的な状況だけど、なのにどこか飄々としてるのが持ち味なんだから、普通にばんばん青空でキレイな画で見たかったんだけれども。

まあでもあらためて50m級巨人の恐怖は感じたわ。やっぱ漫画世界は漫画と切り離して見ちゃってるんだな。特になんとも思ってなかったけどものすごく気持ち悪かったもん。でもあんなに執拗に捕食シーンばっかり流さなくてもいいんじゃないかしら。予算上の都合であんまりシーン作れないからとりあえず似たようなシーンばっかり続けてた気もするし、さらに内容薄いのに2部作にすることで1本で終わらすよりも興収稼ごうって意図を感じましたよ。噂になってた、声出しちゃダメだっていうのにペチャクチャやってるところと、いきなり発情しだすシーンは確かにオイオイって感じでしたね。まあそういう緻密さ期待してないからそれも軽いギャグとして流せちゃったけど。

意外だったのは、変わり者ハンジに扮した石原さとみがけっこう良かったこと。桜庭ななみちゃんも可愛かったかなー。ということで、誰にもおすすめしないけど、一応後編も見るつもりです。

>>>後編の感想
[PR]

by april_cinema | 2015-08-01 00:00 | 6th-man | Comments(0)