2009年 04月 18日
感想_鴨川ホルモー
b0130850_23432495.jpg原作読みたーい! 『鴨川ホルモー』4月18日公開。2浪のして京大に入ったものの目的もなかった阿部は、京大青龍会という謎のサークルに勧誘される。さしたる興味もないものの、美しい鼻を持つ早良に一目惚れした阿部は、友人の高村とともに入会。そして祇園祭の日、明かされた青龍会の活動内容は…、陰陽道にもとづくオニと呼ばれる目に見えない式神を操りチーム対抗で戦わせる「ホルモー」という千年の歴史を持つ祭りのひとつだった。
映画「鴨川ホルモー」公式サイト

って文字で説明してもさっぱりわからんね、ホルモー。オニってのは普通の人には見えない体長30cmほど(原作では20cmだって)のピクシー系キャラ。これを1人100匹×10人の1チームで戦うのね。オニを操るためには、オニ語と指令ポーズ(映画オリジナル設定)をマスターしなくちゃならない、と。そもそもオニが見えるようになるにはある儀式を執り行わなくてはならない、と。まあざっとこんな感じ。ポイントは、儀式がとんでもないものであるってこと、オニ語&指令ポーズが意味不明変態系であるってこと。まあここのアクションがこの映画のキモですわな。確かにちょいちょい笑えました。が、もっとオーバーな映像表現にしても面白かったような。テレビっぽい細かいカット割りとかのほうが、エンタメ感はあがったんじゃないかなー。ちなみにオニはもちろんVFXね。いわゆるユルキャラ系。

で、ホルモーをベースに繰り広げられるのは、まあ大学サークルらしい恋のもつれ的ストーリー。ここは全然目新しくないうえ、芦名星がイマイチゆえ、あんまし盛り上がらず。山田くんや石田くんは良かったと思うし、荒川良々の幹部っぷりはすばらしかった。栗山千明の指令ポーズもキマってたねー。極めつけは大好きガックンこと、濱田岳くん。信長ルックスまで披露してくれてサイコーだわ。「恥の上塗りだなぁ、阿部!」はこの映画最大に笑えました。

全般、なにやらおもしろムードなんだけど、キャラ造形が弱かったのか、スター性の不足なのか。このつかみどころのない設定の説明に追われた部分もあるとは思うけど、見た目以上のパーソナリティが出し切れなかったため、おもしろテキストとかが活かし切れず。さらにホルモーそのものも、観客を巻き込むほどのパンチはなく。いったい原作ではこのへんどうなってるんだろ? すんごい気になるわ。気の利いたテキストも原作の持ち味なんですかね? 文庫本出てるしこれは読まねば。

気軽に楽しめる娯楽作であることは間違いなし。多くを望まなければ及第点だと思います。地味だけどね。

<05/11追記>
気になる原作を読了。映画は、原作をうまく消化してましたわ。物足りなかった部分は原作からしてそうでった。てことで、本作は映画版の勝ち〜。
感想_鴨川ホルモー(小説)
[PR]

by april_cinema | 2009-04-18 00:00 | Starter


<< 感想_バーン・アフター・リーディング      感想_buy a suit ス... >>