2009年 07月 31日
感想_チャーリーとチョコレート工場
b0130850_11254348.jpgもっと早く観ればよかった〜! 『チャーリーとチョコレート工場』DVD鑑賞。世界中で大人気のウィリー・ウォンカのチョコレート。でもこの15年間、誰もその工場の中に入った人はいなかった。とその時、世界中に5枚だけチョコの中にゴールデンチケットが入れられ、それを引き当てた子供は工場に招待されることに。集まったのは食いしん坊おでぶ、成金わがまま娘、勝利至上のガム中毒ガール、屁理屈ゲーマー、そして貧乏ハートフル少年。ついに姿を現したウィリー・ウォンカと、ヴェールを脱いだ工場の中! 1人だけ選ばれる特別賞は誰の手に?
☆☆☆チャーリーとチョコレート工場☆☆☆

ご存知ティム・バートン×ジョニー・デップのミラクルファンタジー。すげー面白かったわー。もっと早く観ればよかったわー! 原作がどんなものなのか知らないけれど、わかりやすいけどきちんと作り込まれたキャラクター設定がナイス。ウィリーの数々のブラックジョークと、トラウマ性格も今っぽくていいし、ところどころに子供たちの想像力欠如を憂うようなアイロニーまでチョコに溶かしちゃってて素敵〜。麗し〜。

とにかく子供たちの造形がキレてますわ。こういうやついるよねーっていうイヤなやつを4人並べて、気持ちよくそいつらを退治。笑わせてくれるぜ! 子供たちには楽しくてしょうがないだろコリャ!! そしてあのアナソフィア・ロブ、バイオレット役がぴったりだね。面影を完璧に残しながら成長中。同い年ダコタちゃんとどっちが大成するでしょーか?

ビジュアル世界も完璧ですね。これどんなセット組んだのか、それこそご招待してほしかったわ!って思うもの。つい数年前の作品だけにVFXもばっちりキマったファンタジーワールド。ウンパ・ルンパも最高イカしてました。いやーこれ、やる人によってはとんでもない駄作になるだろうに、らしさ満点ワールドに仕上げたティム・バートンはさすがとしか言いようがないですね。ジョニー・デップの気持ち悪い演技も抜群だったと思います。

『パコ』との類似性指摘する人多しですがそれも納得。グリーンの使い方とかそっくりだと思います。あー楽しかった!
[PR]

by april_cinema | 2009-07-31 00:00 | MVP


<< 感想_そんな彼なら捨てちゃえば?      感想_エル・カンタンテ >>