2009年 08月 01日
感想_サマーウォーズ
b0130850_1484726.jpg日本アニメ、やっぱレベル高ぇ。『サマーウォーズ』8月1日公開。仮想世界OZではヴァーチャルを越えてあらゆる現実が動く現代。先輩の夏希に頼まれ、健二は一緒に彼女の故郷・上田を訪ねる。武家の子孫である陣内家の、夏希の曾祖母の90歳の誕生日を祝うべく親戚一同が大集合。その夜、健二はどこからか送られて来た謎の暗号メールを解き明かす。翌朝、OZはなにものかの手によって大混乱していた。その余波はもちろん現実世界にも氾濫し、世界中のさまざまな機関がストップ。さらに宇宙衛星の制御が奪われるという大ピンチが訪れる!
映画「サマーウォーズ」公式サイト

『時かけ』では名作を見事現代の青春物語に仕立てた細田監督が、今度は冒険ファンタジーを見事にまとめてきた〜! まず、セカンドライフの進化形みたいなOZの世界観とビジュアルで心をつかみ、それとアナログなテーマを見事に融合。家族を中心にその他人々のつながり、絆というストレートなテーマをベタになりすぎずに消化してていいね。わっちが気に入ったのは、ありがちな安直テクノロジー批判かつアナログ礼賛などはせずに、それぞれの長所を立てながら物語展開してくれたこと。大上段なメッセージが出てくるのかな?って思ったけど、そういう説教臭さは皆無。ちゃんと主張はありながらもいいテンションのエンタメにしてくれたのが嬉しかったな。やっぱりアニメはこうじゃないと楽しめないじゃん!

まあ細かいところで、それってどうなの?って思う部分はなくもないけど、テンポいいのであんまり躓くこともなく。ストーリーにメリハリがあって、アニメーションにスピード感があって、とってもいいバランスだよ。ゲームとパソコンていうツールの性格上、やや男子っぽいのかなーなんて思ったりもするけれど、家族みんなで助け合うっていう軸を思えば、男女は問わないのかな。年配の人はもしかしたらOZの世界観にリアリティ持てずついてけない可能性はあるけれど。

夏希のキャラが薄かったのはちょっと残念ではあったけど、花札バトルは無性に笑えましたわ。みんなでコイコイしてるのはいいけど、花札のルールわからない人もけっこういるだろうに。笑 桜庭ななみちゃんと神木くんの声優も良い感じ。子役あがりだと、声優のちょっとオーバーな感じで合うのかもね。仲里依紗ちゃんも出演してたのは、終わってから気付いたわ。『時かけ』組ってことですね。

感動系とかじゃないけれど、よくできたナイスアニメ。夏休み、男子には特にオススメ!
[PR]

by april_cinema | 2009-08-01 00:00 | All-Star


<< 感想_夏至      感想_チャーリーとチョコレート工場 >>