2009年 08月 01日
感想_山形スクリーム
b0130850_11295372.jpgアク強すぎ竹中印のアイスクリーム。『山形スクリーム』8月1日公開。紅高校の女子高生美香代たちは、部活の合宿で山形の御釈ヶ部村を訪れる。そこはかつて平家の落ち武者とその恋人・光笛が悲運の最期を遂げた場所。それを記した祠をなんだか倒しちゃうらしい!? 掘り起こしたその跡からは、なんと落ち武者が登場! しかも美香代は光笛にクリソツで、落ち武者にさらわれてしまう。この村と女子高生たちはどうなっぢまうんだべさー!?
映画「山形スクリーム」オフィシャルサイト

わっちの趣味にはまるで合わねー!っていうよりほとんどの人の趣味に合わねーだろーなー!! でもそれで全然オッケーなんですよこれは。ものすごく限られた人が歓び、竹中直人を礼賛すればそれで100点の作品。竹中直人らしい、シュールとも不条理とも違う力技ギャグのてんこもり。それを愛せればいいんだろうけど、まったく一般ウケはしません。いや、なんとなくおもしろな空気はあるんだけど、いかんせんテンポが悪過ぎ。ただでさえ濃いキャラなのに、端役までいれると出てくる人数が多過ぎて、あっち拾って、こっち拾って、その次またあっち拾って、とかしてるもんだから、話が全然進まな過ぎ。おもしろな空気だけど、ガハハと笑えるわけじゃないので、大概の人は退屈すること確実。

ベテランたちは、テンション高く楽しんでるっぽいけど、女子高生たちは半素人みたいな感じであんまノレず。主演の璃子ちゃんは、顔がやったらまんまるで、光笛を演ってるときなんて、もう別人みたいだったわ。まだ16歳。ちょっとこの先が不安になってしまったり。ぬぬぬ。でもdocomoだと可愛いから心配することはないかな?

という感じで2時間近くバカやり続けておしまい。酷過ぎます。でもその評価こそが、最大級の褒め言葉になる映画といえば伝わるかな? 個人的にもっともツボだったのは、岩松さん&クリスタル・ケイ。ベタなんだけど、岩松さんはやっぱそれだけで笑っちゃうんだな。CKもよく引き受けたよ、この役。笑
[PR]

by april_cinema | 2009-08-01 00:00 | Reserve


<< 感想_夏至      感想_チャーリーとチョコレート工場 >>