2009年 08月 06日
感想_ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
b0130850_12112886.jpg最高すぎる〜〜!! 『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』DVD鑑賞。パリ行きの列車に乗り合わせたアメリカ帰国前のジェシーとパリの家へ戻る途中のセリーヌ。たまたま隣あわせの席に座った2人はどちらからともなく会話を交わし、ウィーンで下車するジェシーは、セリーヌを誘い出す。お互いのことを知れば知るほどに惹かれ合う2人。しかしジェシーの出発する明日は刻一刻と迫っていた。

恋したくなっちゃう映画ナンバーワンと言いたいくらいの傑作ロマンス〜! こんなのみたら一人旅したくなって仕方ないよ。ミス・メルシーに会いたくなるよ! ほっとんど2人の会話だけで話が進んで、それがもうリアルでナチュラルで魅惑的で惹き込まれまくり。きっと素敵であろうウィーンの街並が全然目に入ってこなくなるくらいにさ。イーサン・ホークってこんなにかっこよかったっけ? ジュリー・デルピーも今見ると古くさいのにキュートだし。ふたりは本当に恋人になるんじゃないかってくらい良かったわー。

ジェシーが誘い出す「失われた未来の可能性を見に行かないか?」って口説き文句、サイコーです。これ使わない手はないよ! 惚れ惚れだよ!! を筆頭に、2人のコミュニケーションはすべての友達以上恋人未満の代弁者かのよう。あの発見と驚きと興奮に満ちた時間を、こんなに鮮度をもって野暮ったさゼロでまとめあげるテキストは素晴らしいね。監督の仕事も見事だぜ。ポエムもよかったぜマジで!

ラストもどんな結末になるのか最後まで目が離せなかったし、あーそう来るのかーっていう最高の余韻。『ビフォア・サンセット』をすぐに観られるオレは幸せもんだよ。何年も待たされてたら気が気じゃないよ! まったくさ。ディスカス待ってらんないんでレンタルに走ることにします。

ただひとつ、夜更けの公園で抱き合ったふたり、次のシーンには朝だったけど、セリーヌがワンピの下に着てたインナーを脱いでましたけど……公園でヤっちゃったわけ!? でも公園だし脱がないだろー。いや、どっちでも全然構わないんだけどね。
[PR]

by april_cinema | 2009-08-06 00:00 | MVP


<< 感想_縞模様のパジャマの少年      感想_夏至 >>