2009年 08月 12日
感想_ナイト ミュージアム2
b0130850_2321998.jpg賑やかってか騒々しい! 『ナイト ミュージアム2』8月12日公開。ラリーが久しぶりに自然史博物館を訪れると、あの展示物たちが入れ替えのため世界最大のスミソニアン博物館の倉庫に送られてようとしていた。そのとき予定外に例の石版も持ち運ばれたからさあ大変。ジェドからのSOSを聞いたラリーはあわててワシントンへ。黄金の石版を狙うカームンラーを始め、ナポレオンもイワン雷帝もアインシュタインもリンカーンも…動き出す!!
映画「ナイトミュージアム2」オフィシャルサイト

前作のノリは変えずに、輪をかけて質量ともにスケールアップしてみんな動いて動いて動き出す! 開始15分こそドラマじみたものを感じさせつつも、スミソニアン入りしてからは、これでもかってくらいのアドベンチャー。世界最大の博物館だけあって、ワールドワイドな偉人変人もうなんでもありですわ。飛行機、大王イカ、石像あたりはともかく、絵画や写真、天使たちまで動き出しちゃって大混沌パレード状態。次から次へとやたらめったら出てくる出てくる! キャラたちの背景を知ってても知らなくても、この辺は楽しめるだろうね。というか、前作を観てない方が純粋に楽しめるような気も。

というのも、前作の面白さってある程度小さなハコの中で最大限夢がある、ってとこだっだと思うの。なのに、こんだけスケールアップしちゃうと何でもあり感が強過ぎて、ひとつひとつに驚いたり唸ったりできないのよ。単に慣れただけってのもあるかもしんないけど。もういっそエイリアンでもドラえもんでもスパイダーマンでもなんでも架空のものも出てこいや〜!って感じ(次やるならその領域だろーね)。登場する展示たちにはそれぞれの由来が反映されてるものの、全部がぶつ切りエピソードになってて全体を通したストーリーってのはなかったね。アクションにもいまいち工夫がなかったかしら。

ま、期待通りのことが起こるは起こるから、夏休み映画として子供やファミリーには十分おすすめできます。ラスト、モトローラの扱いは小技が利いててナイスでった。以上!
[PR]

by april_cinema | 2009-08-12 00:00 | Starter


<< 感想_トランスポーター3 アン...      感想_ビフォア・サンセット >>