2010年 01月 23日
感想_パーフェクト・ゲッタウェイ
b0130850_202123.jpgさすがミラジョヴォ、スリリング。『パーフェクト・ゲッタウェイ』1月23日公開。ハネムーンでハワイへとやってきた二人。クルマを走らせていると、ヒッチハイクをしてきた見るからに怪しいカップル。トラブルになりかけるもなんとかやり過ごし、絶景を目指してお目当てのトレッキングを始める。その途中で出会ったのは、従軍経験もあるという一風変わった男とその連れの女。奇妙な交流が始まったとき、オアフで殺人事件を起こした2人の男女が、ハワイ島へとやってきているというニュースが入る! そこにヒッチハイクの二人が再び現れ…。
映画『パーフェクト・ゲッタウェイ』公式サイト

とにかくスピード、スピード、スピードで押し切るサスペンス×アクション。登場人物を明らかに怪しく見せる演出と、スピード感あるカメラワーク&カット割りで、どんどこどんどこ話を進めていく。疑問を差し挟む余地もないまま出てくるやつ出てくやつどうもいかがわしいけれど、あまりにいかがわしすぎて逆に怪しくないような気もしてくる。けど結局6人しか出てこないから中盤にはオチが読めちゃうけれど、それはおそらく織り込み済み。ネタがバレたらあとは力で押し切らんとばかりにバトルモードに転調して飽きが来る前にぐいぐいストーリーを展開させてくれて痛快ですわ。

こうなってくるとミラジョヴォの本領発揮ってなもん。あの伸びやかでパワフルな肢体を駆使したアクションはやっぱ見応えあるんだよね〜。ここでも見せ方が上手なので、けっこう手に汗握っちゃったりもしてね。うぉ〜なんてのけぞったりしながら見てると、あれよあれよでトップスピードに乗ったままTHE END。細かく考えてくと矛盾はどっかにあるかもしれないけど、とりあえず一気に押し切ってくれたから楽しめたよん。見せ方が巧いんだと思う。おかげでギリB級は回避。

ただ、コピーがねぇ。いきなり「容疑者は6人」て…、オチに直結し過ぎだけどいいの?
[PR]

by april_cinema | 2010-01-23 00:00 | Starter


<< 感想_ゴールデンスランバー      感想_オーシャンズ >>