2010年 12月 03日
感想_キス&キル
b0130850_9185663.jpg楽しかったよー! 『キス&キル』12月3日公開。ジェンは、家族旅行先の南アフリカで、運命的な出会いを果たす。理想の男性の名はスペンサー。しかし彼はCIAの特殊工作員だった! 仕事に嫌気がさしていたスペンサーはCIAを脱退し、すべてを隠したままジェンと結婚。それから3年、幸せな結婚生活が続くかに見えたが、突然刺客に襲われる!
映画『キス&キル』公式サイト

ヒロイン巻き込まれ型アクションのロマンティックコメディ。ベタな展開だけれども、とっても楽しかったわー! なんたってテンポがよくってよ。余計なことあれこれ考えさせずに小気味良くストーリーが展開。グダグダしないで出会って惚れて結婚して3年経ったら襲われて戦って逃げて戦ってハッピーエンディング! 頭カラッポでオールオーケーな良質エンタテインメント。

両主演がすっごくいいのですとも。キャサリン・ハイグルは完全にナイスなビューティ・コメディエンヌで、キャメロンのポストにハマったぴたりと感じすかね。ゴージャスなルックスとよく動く表情とですげーチャーミング。大好きになりました。作品まだまだ続くっぽいので期待しよう。でもってお相手のアシュトン・カッチャー、『べガスの恋に勝つルール』ん時はなんか気持ち悪いと思ってたけど、今作はカッコイー! 顔小さくて、顔立ちシャープで、ボディはマッチョ。こちらはポスト トム・クルーズか? いいコンビだったなー。

ハイスピードながら、軸にはちゃんとラブが横たわってて、ギャグやらなんやら挟みながらもブレずに最後まで突っ走って、着地もばっちり。笑ったのは、銃持たされていきなり撃っちゃうジェンのタフさですかね。ま、それは親譲りってことで、ディテールもなにげに気が効いてたと思いますよ。南アフリカから始まってスケールでかいかと思いきや、本編はほとんどローカルで行われている小さなスケール感も、このくらいで十分楽しく作れるってことを証明してたかと。

突っ込みどころも多いバカバカしい映画ではありますが、それをまるごと笑って観られるんでオススメできます。冬休みのデーとムービーとしてお楽しみアーレー。
[PR]

by april_cinema | 2010-12-03 00:00 | All-Star


<< 感想_白いリボン      感想_天空の城ラピュタ >>