2012年 04月 28日
感想_ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
b0130850_9133562.gif別段笑えないけどね。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』4月28日公開。ケーキショップの経営に失敗し、プライベートではつれないセックスフレンドがいるだけ。三十路も後半にさしかかったアニーはどん底にいた。そんなとき、幼なじみの親友リリアンの結婚がきまり、メイドオブオナーに指名される。親友のため奮闘することを誓うアニーだったが、集まったブライズメイドたちがみな一癖あって…。集まる度に大惨事のこのメンバーで、果たして結婚式は無事に迎えられるのか!?
映画「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」オフィシャルサイト │ 4月28日(土) 全国ロードショー!

女性版『ハングオーバー』とか言われてて賞レースもにぎわしてたからそりゃーもう抱腹絶倒なんでしょう!と期待してたけど、別にそんなに笑えなかったわ。やっぱ日米の笑いの感覚には大きな隔たりがあるなあと改めて思いましたのよ。わりと既視感のある結婚式に向けた女たちのドタバタ、ドタバタ。下ネタも織り込みつつの、ドタバタ、ドタバタ。まあ確かに女子だらけの正面からコメディってのは少なかったかもしれないけど、『SATC』のほうがよほど面白かったように思うんですけど。

ただ、だからダメだったかっていうとそうでもなくて、なんつーか、前向きな終わり方は好感が持てましたよ。助演女優賞にもノミネートされてたメーガンね、彼女でしょ、やっぱり。そもそもおいしく作られたキャラではあるけど、小錦風の巨体を揺らしておらおら自分のケツは自分で拭け!と言うのはものすごーく説得力ありましたわ。いやほんと、他人と比べてもしょうがないし、物事の根本的責任はやっぱり自分の中にしかないよねー。オレの背中も押してもらえるってものですよ。このメッセージがあったことでこの映画は意味があるものになったと思います。

でもま、全体的に観て、まあまあって感じ。キャラが立っているように見えるけど、立ってたのはアニー、ヘレン、メーガンとセフレ君くらいなものでさ。もうちょっと他のブライズメイドたちにも活躍の場があってもよかったように思いました。リタとベッカはいる意味がほとんどなかったもんね。そしてこの内容で120分オーバーは長いと思う。もっとテンポよくできたんじゃないかな、と。ま、気楽に観られることは確かなので、特に予定がないGWに軽い気分で見に行くにはいいと思います。もちろん女子同士でね!
[PR]

by april_cinema | 2012-04-28 00:00 | Starter


<< 感想_宇宙兄弟      感想_僕等がいた(後篇) >>