2012年 11月 24日
感想_HICK ルリ13歳の旅
b0130850_12222215.gifクロエのファン限定で。『HICK ルリ13歳の旅』11月24日公開。ネブラスカの片田舎で13歳を迎えたルリ。飲んだくれの父と、その父に愛想をつかし他の男と会う母のもとに嫌気がさした彼女は、誕生日に贈られた銃を持って突発的に家出をする。目指したのはラスベガス。ヒッチハイクでつかまえたエディの足が悪いことを指摘すると彼は逆上し、下車。次に見つけたのは、セクシーな女性グレンダ。彼女の家へよると、そこには再びエディがいた。
映画『HICK ルリ13歳の旅』公式サイト

クロエ見たさに見てみたけど、クロエ好き以外には何にも得るものがなさそうな1本だったな。。タイトルに旅ってあるもんだから、ガールがべガスを目指すロードムービーかと思いきや展開が少な過ぎて、登場人物はエディとグレンダのほぼ2人だけ。なのでこれはロードムービーじゃないね。これ、時代背景いったいいつなんだ? ケータイが出て来なかったけど特にいつとは限定されず。それにしてもルリがずいぶん無防備すぎるし、キャラも全然たってこないし、特別成長するわけでもなく、ただちょっと変態につかまってなんとか逃げ出しましたって感じ。映画にする話か、それ?

クロエは、間違いなく可愛くて、ロリエロな感じでオッサン的には嬉しかったけど、ふと、この先大人になったらどういう評価になるんだろう…と思ったりして。今はまだ少女としてすげーカワイイって感じだけど、大人になってもそのままってわけにはいかんだろうし、クリスティーナ・リッチみたいな立ち位置になっちゃったらヤダなーなんて余計なお世話か。思いも寄らない黒髪クロエが見られたけど、これはあんまし似合っていなかったよ。となると美形っつーより、けっこう微妙なバランスで成り立っている顔なのか!と将来が不安になってしまった。うん、余計なお世話すぎますね。

ブレイク・ライブリーはギャル度が高まってた以外はあんまり見所無し。もっと出番あってほしかったな。エディ君、誰かと思えば『マリリン』に出てた彼でしたかー! 今回はイカれた男の子でしたね。いやーホントよくわからん映画だったわ。少女たちよ、変態男に気をつけろ、ってことか?
[PR]

by april_cinema | 2012-11-24 00:00 | 6th-man


<< 感想_恋のロンドン狂騒曲      感想_ロックアウト >>