2013年 10月 25日
感想_グランドイリュージョン
b0130850_2053698.gif気持ちよくダマされて。『グランド・イリュージョン』10月25日公開。4人組のマジシャンチーム、「フォー・ホースメン」は、ラスベガスでのショーでとんでもないことをやってのける。それは、観衆の目の前で、遠く離れたパリの現金300万ユーロを強奪し、ベガスの客席に札束の雨を降らせるというもの。この前代未聞の犯罪に、FBIのローズ、さらにはインターポールのアルマも動き出すが、彼らが何をしたのか、決定的証拠をあげることはできない。そしてホースメンは次のショーでもまた、驚くべき方法で1億4000万ドルを奪ってみせるのだった!?
映画『グランド・イリュージョン』オフィシャルサイト

ブラボー! 鮮やかなイリュージョンショーに2時間しっかり惹きつけられましたわ~。これは見事なシナリオとそして演出でしたね。やってることは犯人チームvs警察の追いかけっこなのですが、そこにマジックという見目麗しき手法があわさってるのでエンタメ度がすごい高い! 映像のイリュージョンぷりもいい感じにエフェクト効いてるもんだからかっこいいんだよねー。これ3Dで撮ればよかったのに。好きだったのはジャック君のアクションシーンかな。マジックを組み合わせて相手の目をくらませながらやりあうのは、斬新なビジュアルでクールでした! カーテンですり抜けたり、カードで戦ったり、手錠を盗んだりね。カーアクションもナイス。

そしてキャスティングも豪華でぴったり。ジェシー・アイゼンバーグは早口キャラが本当によくハマりつつ、微妙に冴えない感じと自信家で仕切り屋な感じがぴったり。ウディ・ハレルソンのメンタリストもいやみったらしくてよかったし、紅一点のアイラ・フィッシャーはちょっと老けた感じがしたけど(アナ・ケンドリクあたりにやってほしかったね)、ウォーム・ボディーズで瞬殺されてたデイブ君はザック似の若造で初々しかったですね。アクションシーンのおかげでなにげにいちばん見せ場があったともいえるし。

豪華なトリック3連発に加えて、その謎を解いてまわる元マジシャンの存在、アルマがやってきた理由、5人目のホースメンんはいるのか。そういう伏線とミスリードが入り混じって、最終的に1本筋を通したのはグッジョブ。観客に息つく暇を与えないテンポが本当によかったと思います。

あとから思い返してみるといろいろと突っ込みどころとか、ハテナなところはあるわけ。アイラ・フィッシャー、なにもしてなくね?とか、あれ、ジェシーもなにもしてないかも?とか、そもそもこの4人に必然性感じないけど、とか、結局アルマはなにを追ってたのさ?とか。でも、そういうのを合わせて鑑賞しながら推理と種明かしとを合わせて楽しめばよろし。2時間の豪華イリュージョンショーをぜひお楽しみアレ。
[PR]

by april_cinema | 2013-10-25 00:00 | All-Star


<< 感想_セイフ ヘイヴン      感想_マイク・ミルズのうつの話 >>