2014年 01月 25日
感想_オンリー・ゴッド
b0130850_1221276.gifカルトっぷりに磨き! 『オンリー・ゴッド』1月25日公開。タイでボクシングジムを経営するビリーとジュリアン兄弟。そのビリーが16歳の娘をレイプのうえ惨殺。駆けつけた警官のチャンは娘の父親を呼び出し、ビリーを殺させたうえ、売春していた娘を放置していたその父親の腕を切り落とす裁きを加える。ジュリアンは復讐に父親を追い詰めるが、事情を知り撤退。するとアメリカからジュリアンの母クリスタルがやってきて、ビリーの敵を討つが…。
映画『オンリー・ゴッド』公式サイト

『ドライヴ』の監督が再びライアン主演で撮った新作ー! 前以上のカルトムービーで、バイオレンスっぷりが大増量。血とか出まくるわけではないけど、残虐系の描写多いので、ショック系苦手な人は絶対観ない方がいいです。音だけでも嫌になります。

もっと意味不明かと思ったけど、ストーリーはちゃんとあって、復讐劇にはなってます。鍵を握るのは超冷酷に任務を遂行するチャン。彼が神のごとく裁きの大鉈を振るいまくり、クリスタル&ジュリアン母子のリベンジすらも跳ね返してしまう最強っぷり。彼を動かしているのはなんなのか。現代は『ONLY GOD FORGIVES』。彼は神に許されているのか、それとも彼がやはり神なのか。罪と罰はなんなのか。

ライアンまたも全然喋らねー! でもやはりそれが似合う。でも今回はちょっと弱いところもあったり、だけどヤバイ一面も持っていたり、多分白Tと黒Tで、彼の二重人格的なところを表現していた気がするけど、人はみんな善悪スマイルorクライ持ってるっていうことの象徴なのかもしんねーっす。わかんなかったのはクリスタルの腹に手を突っ込むところだけど、あれは何かの神話にかぶせてるシーンだったのかしら。ギリシャ神話はモチーフになっているようなので。あと、裁きのあとのカラオケはなんなんだ?

かなりぶっ飛んだ映画ではあるんだけど、退屈させないのはやはり映像力だね。タイのオリエンタルムードに、強烈に赤みがかった映像、チャン役の人とクリスティン・スコット・トーマスの怪演、カメラワークなどなどで見せ切ってました。あと、マイちゃん役の女優さんがめっちゃキレイだったなー!
[PR]

by april_cinema | 2014-01-25 00:00 | Starter


<< 感想_アメリカン・ハッスル      感想_ビフォア・ミッドナイト >>