2014年 02月 28日
感想_ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
b0130850_1221949.gif良い話だけど既視感。『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』2月28日公開。「あなたは100万ドルが当選しました」という絶対嘘でしょなDMを真に受けたウディ。彼は隣の週のネブラスカまで歩いて行こうとしては警察に保護されていた。見かねた息子のデイビッドは再三説得するが、少しボケ始めてもいるウディは聞く耳を持たない。仕方なくデイビッドは父の気のすむよう、一緒に車でネブラスカへと向かう。途中、父がかつて暮らしていた街では旧友や親戚たちと再会すると、父は100万ドルを取りに行くことを口にしてしまう。奇異の目にさらされながら、ふたりはネブラスカをめざすが…。
映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』公式サイト

賞レースをにぎわせている家族のヒューマンドラマ。名匠アレクサンダー・ペイン監督の最新作は、モノクロで撮られてます。観る前はちょっと抵抗あったけど、始まってみたら全然気にならなかったわ。でもカラーのほうがいいような気が、僕はしちゃいますがそんなのは知ったこっちゃないでしょう。

さて、話としては珍道中の中で、父の過去を知り、親子のきずなを取り戻して行く、というフレーム。そういう話は過去にもいろいろあったから、新鮮味が感じにくいってのはあったかなー。特別キャラクターがぶっ飛んでいるわけでもないのがよさで、田舎町のごく普通の家族をちょっぴりユーモラスに温かく描いてます。ウディはまだ元気だけど、ちょっとボケ始めてる感じだし(そういう説明はないけど)、彼が酒におぼれた理由も子供からしたらちょっと胸の痛い真実。かと思えば奥さんは元気な毒舌家で、彼女の助演女優賞ノミネートはぜひ応援したいね。あとやっぱ従弟のダメ双子か。あのシュールなデブには笑わせてもらったよ。

がしかし、ラストはすごくよかったな。ウディがどうしてもほしかったトラック。彼は誇りを取り戻したかったんじゃないだろうか。父として、男としての威厳と誇り。それをアシストするデイビッド。なんとも後味のいい終わり方で、爽やかな気持ちで席を立てました。ただじゃ終わらない、さすがは名監督と言われるだけあるわ。
[PR]

by april_cinema | 2014-02-28 00:00 | All-Star


<< 感想_ラヴレース      感想_キック・アス ジャスティ... >>