2014年 02月 01日
感想_はじまりは5つ星ホテルから
b0130850_11563045.gif唐突だったかな。『はじまりは5つ星ホテルから』2月1日公開。星付きホテルの格付け覆面調査を仕事にするイレーネ。日々の大半を豪華ホテルで過ごし、40歳独身で自由気ままに暮らしていた。しかし、かつての恋人で今は親友であるアンドレアは、出会ったばかりの女性に子供ができたと相談に表れたり、妹には独り身の将来を案じられたり、初めて孤独を感じることに。そんなとき、ベルリンのホテルで出会った人類学者の女性に新しい価値観に気付かされるが…。
【公式サイト】『はじまりは5つ星ホテルから

アラフォーの独身女性が見たらそれなりに考える部分があるんだろうけど、ちょっと薄味で、唐突にも感じられましたわ。ポイントはそのまんま、自由でそれなりに仕事にも充実感を得て来たけど、周りが家庭を築きつつある中で、将来どうするかっていう話。今は不自由はない。でも、一生このままでいられるかどうかはわからない。そういう不安、誰でも抱えたことがあるだろうから、響く人には響くと思う。

ただ、イレーネのキャラクターについてもう少ししっかり描いてほしかったのかも。彼女がどういうポリシーを持っていて、どんな道を歩んできたうえで、なぜここまで一人で生きているのか。過去にどんな選択をしてきたのか。今の仕事に対してどういうプライドを持っているのか。こういう孤独感てのは、急に突然やってくるものでもないと思うんだよな。もちろん、今まで気にしてなかったことがふと気になり出すってのは十分ありえるとは思うけど、それにしたって彼女が何を考えているのかいまいちわからなかったのはもったいない気がします。

結局彼女が最終的にどこに着地したのかもわからなかったかな。すぐに結論は出ないからもう少し探すってことなのかな。胸に刺さった小さなトゲは抜けないけれど、それもまた人生ということかしら。5つ星ホテルを巡る旅も、もうちょっといろいろ見れると目で楽しめたかもね。パリ、モロッコ、南イタリア、ベルリン、スイス、上海、全部行きたかったです。
[PR]

by april_cinema | 2014-02-01 00:00 | 6th-man


<< 感想_RUSH プライドと友情      感想_ウルフ・オブ・ウォールス... >>