2014年 04月 26日
感想_テルマエ・ロマエⅡ
b0130850_0125562.gifまあ前作と一緒な塩梅で。『テルマエ・ロマエⅡ』4月26日公開("よいフロ"の日)。ローマは、平和主義の皇帝ハドリアヌスと、軍拡主義の元老院とで対立様相を呈し始めていた。エスカレートするコロッセオの、グラディエーターたちをいやすテルマエ作りを命じられたルシウスは、またも悩んで悩んで悩んで、タイムスリップ! たどりついたのはやっぱり平たい顔族の風呂。マッサージ機、バスクリン、スライダーなどなど、またもセンセーショナルな風呂技術を持ち帰るルシウスだったが、いよいよ元老院が行動に出る。どうなるルシウス!
映画『テルマエ・ロマエII』公式サイト

まさかの続編に全キャスト再集結。基本的なノリはまったく同じで、説明を省いた分、今回はよりギャグに力を入れてきた感じ。ルシウス阿部ちゃんが、よりいっそうギャグ演技に走って、オーバーリアクションに顔芸に奇声にいろいろ頑張ってます。なにがスゴイって、前作よりボディメイクがんばってきたふうで、筋骨隆々。外人グラディエーターにひけをとらない体になってきたのはすごかったなー。北村一輝さんもカラダ作ったっぽいけど、それが子供に見える阿部ちゃんの胸板! 日本のウルヴァリンと呼ぶしかないわ。

ギャグばかりで2時間弱なので、冗長さを感じなくもないけど、まあ全体的によくがんばってたんじゃないかと思います。ブルガリアロケを敢行して、コロッセオのセット作ったり、温泉掘りまくってみたり、スケール大きくなったのもわかるし、力士を投入してジャパンカルチャー濃度あげてみたり、考え付くことは全部やったって感じなのかな。このあたりは原作もう読んでないのだけど、エピソード自体は同じもの使ってるのかしらね。ああ、そういえばウエッティの混浴ほんのちょいサービスっぽいカットもあったかしら。前作はこのキャラがうざかった気がしたけど、今作は慣れたのかあんまり気になりませんでした。

まあバカバカしい映画だし、前作ほどのヒットはさすがにないんじゃないかと思うけど、どうなんだろう。GWでどこまで伸びるか注目してみたいと思います。
[PR]

by april_cinema | 2014-04-26 00:00 | 6th-man


<< 感想_とらわれて夏      感想_アメイジング・スパイダーマン2 >>