2013年 09月 06日
感想_サイド・エフェクト
b0130850_18251258.gifこりゃダマされた! 『サイド・エフェクト』9月6日公開。夫が逮捕されたことでうつ病を再発させたエミリー。交通事故や自殺未遂などをしたため、精神科医のバンクスにかかる。バンクスは、以前にエミリーを診ていたシーバート博士と連絡を取った上で新薬のアブリクサを投与するが、なんとエミリーが保釈された夫を刺し殺してしまう大事件が起きてしまった。病気のせいか、新薬のせいか、はたまた…。

これは脚本と演出がお見事! まんまとダマされたな〜。ミスリードがうまいのです。新薬開発とくれば、もう相当裏があるでしょうっていう先入観を逆手に取られましたなー。いや、そこを仮に疑ってかかったとしても、この真相には簡単に辿り着けないのでは。出てくる誰もがウィークポイントを持っているからか、みんな悪人に見えてきて、裏の糸が最終的にどこにつながってるのか、最後まで興味を惹かれましたわ。そして、そうやって落としてくるとはねぇ! お見事ですソダーバーグ先生。先生のロジカルシンキングなテイストがぴたりとハマった感じがします。やっぱりこういうどんでん返しなミステリ/サスペンス、強いね。振り子の振り幅がどんどん大きくなってくイメージ。

で、それを支えたのがお達者キャストですな。主人公であり巻き込まれていくのはジュード・ロウだけど、したたかにも見えるし、だけど善人にも見えるし、ナイスなお仕事。キャサゼタ姉さんも、強めインテリで存在感ありすぎるから怖いんだよねー。で、いちばんコエーのはルーニー・マーラね。この人の顔って、完全な美形ではないと思うんだけど、強烈に引き込まれるわ。これが女優オーラなのか? 最後の最後までヤラれました。てか、こいつがまさか『ドラゴン・タトゥーの女』とは思えないよね(続編はどうなったんだ?)。ま、損な役回りはチャニング君ね。早々に殺されちゃったネ!

見れば見るほど役者たちの演技が楽しい上質ミステリ。ソダーバーグ、これで劇場映画引退説流れてたけど実際どーなんでしょ。帰ってきてよ、まだ辞めるには早すぎるでしょ。
[PR]

by april_cinema | 2013-09-06 00:00 | All-Star


<< 感想_アップサイドダウン 重力の恋人      感想_オン・ザ・ロード >>