2013年 12月 21日
感想_プレーンズ
b0130850_024820.gifセルフカバーか。『プレーンズ』12月21日公開。田舎町で農薬散布飛行機として働くダスティ。世界一周大会で優勝することを夢見ていたけど誰も取り合ってくれない。しかし見事に予選を突破すると、本戦前に、元海軍士官であるスキッパーにコーチを頼む。最初は断るものの、熱意にほだされたスキッパーの猛特訓を受け、いよいよ本戦に。しかしダスティには、高所恐怖症という弱点があった…。
プレーンズ|ディズニー映画

カーズを飛行機に置き換えてきた、セルフカバー的な一本だけど、安定のクオリティでけっこう楽しかったな。もはや何を期待するでもないんだけどね。お話はだいたい予定通りで、気の良い仲間たちとがんばって、エリートたちに馬鹿にされながらも下克上しちゃう感じ。もちろん途中にはいろんなトラブルがありつつ、と。

まあ、農薬散布機がいきなり世界一になっちゃうってのもどうかと思うし、飛行機ならでは感てのはあるようなないような。世界を飛び回るスケール感は飛行機ならではだろうけどねー。こうなると次はロケッツか? シップスか? って話になってくるよねー。

ま、安定の楽しさということで、十分期待には応えてると思います。さすがはピクサー!
[PR]

by april_cinema | 2013-12-21 00:00 | Starter


<< 感想_ハンガー・ゲーム2      感想_オンリー・ラヴァーズ・レ... >>