2014年 12月 12日
感想_ゴーン・ガール
b0130850_23253196.gif今年最後にすごいのキター! 『ゴーン・ガール』12月12日公開。5回目の結婚記念日の朝、散歩から家に戻ると妻のエイミーが消えていた。室内には乱れた跡があり、ニックはすぐに警察に電話する。失踪したエイミーを探すため情報提供を呼びかけるニック。しかし、状況は少しずつ思わぬ方向へ。調べれば調べるほど、ニックこそがエイミー失踪の黒幕だと指し示すのだった。エイミーはニックが殺したのか。それとも。
映画『ゴーン・ガール』オフィシャルサイト

デヴィッド・フィンチャー最新作、これはヤバ面白かったー! これはネタバレ仕方ないから言っちゃうけど、エイミーがヤバすぎるよ〜〜〜! なんなのあの完璧主義。そして理想を突き詰め、手段を選ばず、たいそうなことしでかしたのに、しゃーしゃーと現れちゃうしたたかさ。女ってこうなの? てか夫婦って何なの? なんて真面目に考えちゃいけないですね。とにもかくにも最大級にクレイジー! あまりにぶっ飛びすぎて途中笑えてくるほどのサイコサスペンス。ぜひお楽しみいただきたい!

見せ方も素晴らしかったね。時系列と見せかけつつ、エイミーとニックの慣れそめを挿入し、失踪前後に何があったのが徐々に明らかになっていく。でも、途中まではわからないのですよ。本当はニックなのか? いや、やっぱり違うのか? だとしたらエイミー何者??って感じでね。そのあたりの整理と見せ方、さすがですね。2時間強だけどまったく退屈しないもの。なんでもこれ原作があって、だいたい原作通りらしいので映画オリジナルな部分や演出がどうだったのかは比較してみないとわからないのだけれど。

ベン・アフレックの追い詰められてく感じはよかったし、エイミー役のロザムンド・パイク、あのいけすかない感じはたまらないねー! 人を見下し、罪も嘘も自分のためにはなんともおもわず、だけどすべてが思い通りにはならなくて。なによりの犠牲者はあの同級生だけどね。濡れ衣着せられて死に損すぎる!!! しかし、情報に流される大衆と、無責任な報道とか、いろいろ細かいところにも語る要素ありますな。気持ちのいい映画じゃないけど、誰もがニヤっとしてしまうでしょう。ぜひ、カップル、ご夫婦でご覧あれ〜!
[PR]

by april_cinema | 2014-12-12 00:00 | MVP


<< 感想_あと1センチの恋      感想_ストックホルムでワルツを >>