2015年 02月 21日
感想_女神は二度微笑む
b0130850_11134163.gifインドのアンジー降臨! 『女神は二度微笑む』2月21日公開。行方不明の夫を探してコルカタへと降り立った妊婦のヴィディヤ。泊まっていたはずのホテル、勤め先をあたるが、どこにも夫がいた記録がない。しかしそこで、夫と瓜二つというミラン・ダムジという男がいることがわかる。その男は2年前に起きたテロ事件の関係者で、彼の情報を探ると、関係者が次々消され始めた。彼女の夫はどこへ消えてしまったのか。
映画「女神は二度微笑む」公式サイト

これは予想しなかった力作! インドから届いた一級のサスペンスエンタメだったわ。途中までは、面白いけどまあ普通のサスペンスかな〜くらいに思っていたけど、最後は唸らされたね。いや確かに、そこんところは不思議に思って観ていたけど、そういう落とし前だったとはね。まんまと騙されたよ。というか、考える暇を与えない展開力、構成力が見事だったよね!

脚本が優れているのはもちろん、役者さんと編集がうまいんだわ。主演の女性がまずべっぴんさんで、それだけで目を奪われるし、コルカタ(カルカッタのことなのね)の街の猥雑さもかなり魅力的で、それを追いかけるだけでもエキゾチックが止まらない。そして出てくるキャラたちもいちいち魅力的。自分勝手な警視さんも、ヴィディヤを助ける若者警官ラナも、宿の子供も、殺し屋も(アイツ超キモコワ!!)、その他脇役たちも総じて魅力的だったわ。テンポのいい編集がさらにミステリを盛り上げてくれたしねぇ。

夫のため戦うヴィディヤの姿はずっとアンジーみたいだなって思いましたわ。クライマックスの、お祭りのシーンもすごくって、海外のこういう文化はたくさん見てみたいなーって思ったね。こういうストーリー、どっかで聞いたこともあるような気がするけど、ハリウッドリメイク決定も納得の1本(誰がヴィディヤ役になるんだろー。ジェニファーローレンスかね、やっぱり)。そちらも楽しみですが、まずはオリジナルにご期待あれ!
[PR]

by april_cinema | 2015-02-21 00:00 | All-Star


<< 感想_さいはてにて-やさしい香...      感想_きっと、星のせいじゃない。 >>