2015年 01月 24日
感想_KANO ~1931海の向こうの甲子園~
b0130850_9201451.gif熱くならざるを得ない! 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』1月24日公開。1931年、甲子園に台湾代表として出場した嘉義農業高校、通称嘉農(かのう)。日本人、台湾人(漢民族)、台湾原住民が一体となった彼らは一大旋風を巻き起こし、決勝戦まで進む。そこには、四国から海を越えたひとりの監督の存在があった。台湾で2014年ナンバーワンヒットを記録した実話ベース作品!
KANO ~1931海の向こうの甲子園~

くー、ベタ中のベタなのにまんまと興奮し、うっすら涙まで浮かんでしまったよ! 野球の基本も知らないど素人集団が、一歩ずつ成長し、すったもんだはあるけれど最後にはひとつになって。ってもう、ほんとヒネリのないスポ根だと思うんだけど、とにかく若者たちの無垢でひたむきな汗と涙にすっかりほだされてしまったわ。スポーツってほんと素晴らしいよね。

いやでも、ベタなだけではないね。まず、甲子園に台湾代表が出てたってことだけでもまず驚き。日本統治時代は普通にひとつの県の扱いだったとは。沖縄みたいなもんか。そう思えば快進撃もおかしなことじゃないね。そして、台湾人と原住民と日本人の混成チームってのがまたいい。それぞれにルーツは違うけどひとつのチームになり同じ目的に向かっていく様子は実に気持ち良い。こういうボーダーを超える話は好きだ。菊池寛が出てきて、最初すごいやなやつなのに、あっさり手のひらを返してファンになってるのも頷けるよ。うんうん。エースの彼を演じたツァオ君は超イケメンだしね。台湾のダルビッシュ!

惜しいのは、永瀬さんが演じた近藤監督へのアプローチが弱かったことか。寡黙であんまり語らず、厳しさと優しさを併せ持っていたのはわかるけど、あまりにもあっさり描写でもったいなかったような。選手との関係性や監督自身の人生とかもう少し掘り下げたら感動も倍になった気がするけどね。監督の存在感が思いの外うすかったわ。

去年は台湾に足を運んでその魅力を存分に浴びた後だから余計にこの台湾の熱気と温かさとに反応しちゃったよね。映画にある通り、台湾原住民はすごく身体能力高いみたいで、実際にスポーツ選手も多く排出しているそう(役者とか、ミュージシャンとかも)。僕も台東でアミ族の方にあったけど、確かに体も大きくて力強そうだった。ポリネシア系の南方のルーツがあるんじゃないかと思われる。ちなみに、日ハムの陽岱鋼がまさにアミ族出身! KANOの後継者!!

いやー台湾映画アツイね。爽やかに涙して、台湾にまた行きたくなる1本です! 感動をありがとう。
[PR]

by april_cinema | 2015-01-24 00:00 | All-Star


<< 感想_ミルカ      感想_ビッグ・アイズ >>