2015年 01月 30日
感想_ミルカ
b0130850_919526.gifここにもまた知らなかった歴史。『ミルカ』1月31日公開。ローマ五輪のインド代表として400m走に出場したミルカ。金メダルが期待され、決勝はトップでラストの直線を迎えるが、突然ミルカは後ろを振り返ってしまい4位に転落。国中が失望する中で帰国する。後日、ミルカは国の代表としてパキスタンとの親善試合への出場を要請されるがこれを頑なに拒む。彼はなぜあのとき振り返ったのか。パキスタン行きを断る理由は。すべては彼の幼い頃のできごとにあった。
ミルカ

インドの去年のナンバーワン映画。ここんとこ良作がたくさん日本にもきてるのでこれはと期待大。しかも陸上選手の物語だしね。中をあけてみると、インドとパキスタンの紛争の歴史を背景にしたひとりの男の大河ドラマでした。幼少時の苦難を乗り越え、ミルカは大人になり、陸上選手として見出され這い上がっていく。陸上選手になっていくまでが前半戦。軍に入るための訓練で脚力を認められ、陸上部にリクルートされ、そこからぐんぐん力をつけていく前半。元エースの嫌がらせがひどいけど、心が折れないミルカ。体がどんどん屈強になってくのがすごい。役者さんがんばったなー!

そして後半、パキスタンに行かない理由が語られる。幼少にあったのは、インドとパキスタンのイギリスからの独立にまつわる混乱。シク教とであったミルカ一族は、イスラム教国となるパキスタンからインドへの移住を余儀なくされる。しかしその混乱で紛争略奪が勃発したのだった。彼が振り返ってしまったのはこの時のトラウマによるもの。時代のはざまでの過酷な運命が、彼に再び襲いかかったのだった。国を代表する人間として、オリンピックという世界が注目する舞台で。彼は二度、殺されたとも言えるのかもしれない。

僕はそのあたりの背景が全然わかってなかったので、この悲劇についてもいまいちよくわからなかったけど、あとでHPを見てその重さがわかったわ。このあたりの印パ独立の経緯は予習しておいたほうがより深く物語に入っていけると思う。今もその小競り合いが続いているのかと思うと、どうしてこの映画がインドで大ヒットしたのかわかる気がする。やっぱりどちらの国の人もこんな争いは望んでいないはずだから。

そのあたりがわかってなかったので、映画ですごく感動したとかはなかったのだけど、知らない歴史をまたひとつ教えてもらえました。第二のミルカが出ないことを、ただ願うばかりです。
[PR]

by april_cinema | 2015-01-30 00:00 | Starter


<< 感想_繕い裁つ人      感想_ANNIE/アニー >>