2006年 10月 25日
感想_プラダを着た悪魔
b0130850_012553.jpgジャンル問わず女性誌がこぞって特集中。『プラダを着た悪魔』11月18日公開。新卒アンディちゃんはジャーナリスト志望。縁あってNYの最高峰ハイファッション誌「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダのアシスタントになるけど、あんたダサすぎ!と一蹴されます。ガールズ&レディスは必見。テンポ良くってメンズが観てもおもしろ!
映画『プラダを着た悪魔』公式サイト

アン・ハサウェイの変身っぷりが見目麗しいわ〜。垢抜けない田舎娘が、いきなり最先端モードを次々と身にまとうようになるその姿にうっとり。映画自体がファッションショー! ぱっちりオメメ、大きなお口、パッツン前髪はメイク映えするし、並みいるハイブランドがまた似合いまくり。対するメリル・ストリープも当然、相当ステキ。高慢高圧「That's all」のひと言はM心くすぐりまくり。

いわゆるシンデレラストーリーで、クセ有り偏屈上司の下でコキ使われる主人公が、がんばっていつか報われる、みたいな。両主演が女性の仕事&生き方を体現するからばっちり共感。そんで、とにかく華のあるハイファッションのきらびやかさに惚れ惚れ。クライマックスでは、ひと捻りも加わって楽しいわ。話の流れ自体は斬新とはいえないけど、やっぱこの上流感がイマドキよね。

にしても試写が混みまくり! 満席で2回も門前払いを喰ったつーの(この徒労感たらないぞ!)。普通の試写には出没しないモデルとかアパレル関係者がこぞって観に来てたためと思われます。ちなみにコレ観ると激しく物欲がわくので、浪費家はご注意を〜。
[PR]

by april_cinema | 2006-10-25 00:00 | All-Star


<< 感想_トゥモロー・ワールド      感想_ナオミ・ワッツ プレイズ... >>